[SUZUKI] JMX Rd.3 わっさむ 山本 鯨(IA2)待望の初優勝! 小島庸平(IA1)は3位表彰台登壇

北海道のわっさむサーキットで開催された全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦北海道大会。TeamSUZUKIの山本 鯨は第1ヒート激しい接戦を制してクラス初優勝をマーク。IA1クラスの小島庸平は第1ヒートで3位表彰台を獲得。熱田孝高は苦戦を強いられるも粘り強い走りで総合5位、ランキング2位で難関を乗り越えた。

IA1クラス第1ヒートは小島のホールショットでレース開始。序盤は得意のスタートダッシュを決めた小島がリードするが、小島は5周目に2番手に後退。小島は最終ラップにもひとつ順位を下げるが、アグレッシブな走りで3位表彰台を獲得した。スタートで出遅れた熱田は確実に順位を挽回し5位。第2ヒートは熱田、小島ともスタートがきまらず追い上げのレースを強いられる。荒れたコースで転倒するライダーが相次ぐ中、懸命の追い上げを見せた熱田は表彰台こそ逃したものの4位、小島は6位で共に入賞を果した。

IA2クラス第1ヒート、好スタートから一気にトップに立った山本が前半をリードするが、中盤ベテラン中村友則(カワサキ)と小方 誠(ホンダ)の先行を許し3番手に後退。ところが後半、中村、小方が立て続けにミスを犯し、確実にラップを刻んだ山本は再びトップに浮上。最後までハイペースで周回を重ねた山本は、終盤三原拓也(カワサキ)の追撃を受けるも確実にこれを押さえ切り、A級2年目でついに初優勝をマーク。勢いに乗った山本は第2ヒートもスタートを決めて前半をリード。しかし中盤3番に順位を落とした山本は後半巻き返しを狙ってペースアップするが、2位争いのバトルで転倒。最終ラップにも転倒を喫した山本は7位でフィニッシュした。

熱田 孝高 第1レース 5位 第2レース 4位 総合 5位

「ヒート1は最後までペースが掴めなくて全くダメなレースでしたね。ヒート2はスタートこそ出遅れたけれど、序盤からいいペースで走ることが出来た。前の二人のペースが早かったのでせめて3位にと思ったんですが、最後抜かれてしまった。リスクの大きいコースだ。去年はもっと悪かったので、今回は良しとします。次からは地元の2連戦。まぁ行けるでしょう。東北に元気を与えられるような走りを見せます。」

小島 庸平 第1レース 3位 第2レース 6位 総合 4位

悪くても入賞、良ければ表彰台と言うのが今回の目標だったので、最低のラインは守ったという感じです。ヒート1はライバルが上手でした。自分なりにベストを尽くした結果です。ヒート2はスタートで出遅れた上に序盤転倒しそうになって、6位をキープするのが精一杯でした。もちろん嬉しくはないけど、開幕戦を思えば自分の走りが出来てきているし、次は相性のいい藤沢とSUGOで絶対に勝てる。後半に繋がるいい結果でシーズン前半を締め括るつもりです。」

山本 鯨 第1レース 1位 第2レース 7位 総合 4位

「まだまだ全然自分の力が出せていない。今回初優勝出来たのは、みんなの力のおかげです。もっともっと鍛練して、集中して、今回よりもいい結果を続けて行けるようにタフな精神力を身につけたいですね。ヒート2の転倒はもったいなかったですね。つまらない転倒をしてしまいましたが、2年目で守りに入っても仕方ない。いい感じで乗れているので、次の藤沢も全力で頑張ります。お客さんも暑いと思いますが、応援に応えられるよう臨みます。」

チームマネージャー 影山 実

「山本は去年怪我で長期欠場を強いられたこともあってようやくの勝利。シーズン中盤くらいに勝てればと思ってたんですが、3戦目で結果を出してくれた。ヒート2は惜しくも転倒してしまいましたが、あのファイティングスピリッツは将来上に向かうにのに大きな力になると思います。熱田と小島にとっては相性のいいコースではなかった。そんな中で小島が表彰台、熱田はあと一歩でしたが、なんとかまとめることが出来た。次の藤沢は相性もいいし、勝ってくれるでしょう。3人で表彰台のトップを目指してほしいですね。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る