YAMAHA、「マジェスティ YP250」のリコール

リコール開始日:平成23年6月29日

【不具合の部位】
電気装置

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
集中アース・ジョイントコネクタ(前照灯等の灯火器類及び警音器等のアース用)において、接続端子部の許容温度に余裕がないため、通電による発熱により当該コネクタが溶損するものがある。そのため、導通不良により、適切にアースされなくなると、前照灯等の灯火器類及び警音器が作動しなくなる。

【改善の内容】
全車両、当該コネクタを点検し、溶損しているものは、電気配線を当該コネクタから前照灯のアース線を分配した対策品と交換し、溶損していないものは、前照灯のアース線に電流を分流させるためのサブハーネスを追加する。

・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.2775のステッカーを貼付する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
ヤマハ JBK-SG20J マジェスティ YP250 SG20J-000058〜SG20J-014359
平成19年5月14日〜平成22年10月28日 14,294台

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダ・レーシングは、2019年モデルの「RTL300R」を2019年2月(予定)に全国…
  2. BMWの次世代ボクサー・エンジンのプロトタイプを使用 12月2日(日)に横浜で開催されたヨ…
  3. 岡田商事は、人気ブランドAlpinestarsの新作ライディングジャケット「WARHORSE…
  4. ヤマハ発動機は、「HYBRID System」※1などの新たな機能を備えた125ccプレミア…
ページ上部へ戻る