[HONDA] BSB Rd.5ノックヒル バーンが3位/2位、両レースで表彰台登壇! 清成はレース2で4位

ノックヒルで開催された第5戦は、チャンピオンシップで上位につける3選手の戦いとなりました。その中、総合首位のシェーン・バーン(HM Plant Honda)が第1レースで3位、第2レースで2位に入り、総合首位をキープしました。

第1レースは、トミー・ヒル(ヤマハ)がトップグループをリード。その後方でバーンは、ジョン・ホプキンス(スズキ)とし烈な2位争いを繰り広げ、 3位でフィニッシュしました。このレースでバーンは、ランキング2位につけるホプキンスにわずかに点差を縮められます。第4戦を終えた時点で15点だったリードが11点差に縮まりましたが、チャンピオンシップを考慮したバーンは、着実に表彰台に立つことを選択し、総合首位をキープしました。

第2レースでは、再びヒルがレースの主導権を握ります。しかし、バーンは、ランキング3位のヒルとポイントに大差があるため、このレースでも着実に 2位でフィニッシュしました。このレースは転倒者が相次ぎ、セーフティカーが2度導入される厳しい戦いとなり、ホプキンスがリタイア。そのため、バーンは総合ポイントで大きなリードを築くことに成功しました。

今大会は、金曜日のフリー走行、土曜日のフリー走行と予選が雨のためにウエットコンディションとなりました。決勝当日は、午前中は雲の多い天候でしたが、次第に青空が広がる絶好のコンディションとなり、ウエットでもドライでも安定した速さを見せたバーンが、タイトル獲得に向けて大きく前進するレースとなりました。5戦10レースを終えて、バーンは172点を獲得。ホプキンスが141点、ヒルが120点となりました。

チームメートの清成龍一は、クロフトとスラックストンの過去2戦、ウエットコンディションで苦戦していました。今大会もフリー走行、予選ではウエットコンディションの中で、なかなかタイムを伸ばせず予選12番手。ノックヒルは、アップダウンに富んだ右周りのシンプルなコースでパッシングポイントが少ないため、予選グリッドが決勝レースに大きく影響します。3列目という厳しいグリッドから決勝に挑んだ清成は、第1レースはドライコンディションのセッティングが決まらず10位でしたが、第2レースでは一気にペースを上げて4位でフィニッシュしました。

過去2戦、厳しい戦いを強いられてきた清成ですが、やっと復活の兆しを見せました。総合ポイントでも7位から6位へと1つポジションを上げ、中盤戦の追い上げに期待が膨らみます。

今大会は32台が出場。そのほかのCBR1000RR勢は、第2レースでピーター・ヒックマン(Tyco Honda)が8位でフィニッシュしました。

コメント

シェーン・バーン(3位/2位)
「第1レースで表彰台に立ててすごくうれしいです。ホプキンスの前でフィニッシュできると思っていましたが、リスクを考えて確実にチェッカーを受けることにしました。彼はすばらしいライダーなので、フェアな戦いができました。表彰台に立つことは、チャンピオンシップに向けて重要なことですからね。今週末、チームは一生懸命仕事をしてくれました。天気は変わりやすかったですが、ウエットでもドライでもまずまずの走りができました。第2レースはすばらしいレースになりました。ヒルがいいペースで走っていましたし、彼が逃げきるだろうと思っていましたが、最後まであきらめずにプッシュしました。そうしたらセーフティカーが入り、ホプキンスがリタイアしたことを知りました。優勝を狙いたかったですが、チャンピオンシップを考えると、無理をする必要はありませんでした。そこで、ポイント獲得と表彰台に立つことを選びました」

清成龍一(10位/4位)
「この3日間、天気がとても変わりやすく、とても厳しかったです。フリー、予選はウエットでした。決勝はドライコンディションになったので、第1レースはスリックタイヤのフィーリングに苦戦しました。初めてここで使うタイヤでした。グリップに問題がありましたので、第2レースに向けてチームがリアのセッティングを変えてくれました。すると、だいぶんよくなりました。最終的なマシンのバランスには満足しています。パスする自信も出てきました。過去2戦、クロフトとスラックストンに比べると、かなりいいレースをすることができました。この数戦、ずっと抱えていた問題の解決に一歩前進できたと思います。次のレースでは表彰台に立ちたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る