HONDA、MotoGP学科 13限目「クラスの話(1)」

現在、MotoGPでは最高峰のMotoGPクラス、中排気量のMoto2クラス、小排気量の125ccクラスという3種類のクラスで競技が行われている。だが、最高峰クラスにMotoGPという呼称が使用されるようになったのは2002年からで、それ以前は500ccクラス、という名称が示すとおり、二輪ロードレースの頂点は2ストローク500ccのマシンで競技が行われていた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY<ABS>」に、ブラックのカラーリン…
  2. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・レイクウッドは、ハーレーダビッドソンのグロー…
  3. ハーレーダビッドソンは、Sportster(スポーツスター)ファミリーに加わる新モーターサイ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ▲RSV4 RF 生粋のイタリアンブランド「…
ページ上部へ戻る