HONDA、MotoGP学科 13限目「クラスの話(1)」

現在、MotoGPでは最高峰のMotoGPクラス、中排気量のMoto2クラス、小排気量の125ccクラスという3種類のクラスで競技が行われている。だが、最高峰クラスにMotoGPという呼称が使用されるようになったのは2002年からで、それ以前は500ccクラス、という名称が示すとおり、二輪ロードレースの頂点は2ストローク500ccのマシンで競技が行われていた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る