HONDA、MotoGP学科 13限目「クラスの話(1)」

現在、MotoGPでは最高峰のMotoGPクラス、中排気量のMoto2クラス、小排気量の125ccクラスという3種類のクラスで競技が行われている。だが、最高峰クラスにMotoGPという呼称が使用されるようになったのは2002年からで、それ以前は500ccクラス、という名称が示すとおり、二輪ロードレースの頂点は2ストローク500ccのマシンで競技が行われていた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る