Triumph、「サンダーバード1600」 のリコール

リコール開始日:平成23年6月15日

【不具合の部位】
フロントフェンダー固定用ボルト

【不具合の内容】
フロントフェンダー固定用ボルトにおいて、当該ボルトのねじ部の表面処理が不適切なため、定期点検整備等で取り外し再度使用すると走行振動等により緩んでくる場合があります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトの上端が前輪タイヤのサイドウォールに接触し、前輪タイヤを損傷させ空気漏れを起こし、最悪の場合、バランスを失い転倒するおそれがあります。

【改善の内容】
新しいフロントフェンダー固定用ボルトへ無償で交換

【車台番号(シリアル番号)の範囲】
車台番号の下六桁が 414476 から 440266 まで

リコールの対象車か否かは、Triumphのオンラインページよりご確認頂くことが出来ます。

【使用者に周知させるための措置】
全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る