[HONDA] JMX Rd.2 平田優がヒート2で今季初表彰台に登壇!レディースの益春菜は早くも今季2勝目!

全日本モトクロス選手権の第2戦は、奈良県の北東部にある名阪スポーツランドで行われました。梅雨の真っただ中ということもあり、IA2などの予選が行われた土曜は、夕方まで雨模様。また、各クラスの決勝が行われた日曜も、午前中こそ曇り空でしたが、午後はあいにくの雨となりました。

このコースは、サンド質の路面を特徴としています。そのため、特に決勝の午前中は、降雨により硬くしまった路面に深いワダチが刻まれ、非常にタフなコースコンディションとなりました。

▼IA1(450/250)ヒート1
福留善秀(TODAY SPORT)がホールショット。TEAM HRCの増田一将と平田優も好スタートを決め、増田が2番手、平田が5番手でオープニングラップをクリアしました。そして3周目以降、福留、増田、成田亮 (ヤマハ)、熱田孝高(スズキ)までの4台が、後続との差を拡大しながら、やや縦長のトップグループを形成していきました。

その後方では、深谷広一(TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA)、平田、新井宏彰(カワサキ)までが5番手争いを展開。この中で、平田は4周目に7番手へと後退しました。また増田は、6周目に3番手に順位を落とすと、8周目に転倒を喫し、5番手にポジションダウン。一方で福留は、レース後半までトップをキープしました。

しかし、レースの残り時間が10分をきったところで、福留は成田の逆転を許してしまい、2番手に後退。残り2周となった17周目には熱田にも抜かれ、福留は3位でのゴールとなりました。増田は、転倒から復帰した際の順位をキープして5位入賞。また平田も、レース後半に順位を上げて、6位に入賞しました。

▼IA1(450/250)ヒート2
平田が好スタートを決めると、3コーナーでトップに浮上。以下、小島庸平(スズキ)、熱田、福留、新井、成田、増田の順で、1周目をクリアしました。2周目、ジャンプで挙動を乱し、コースイン側の沼地のような場所に入ってしまった福留は、これによりマシンが不調となり、ピットイン後にリタイアしました。

また同じく2周目には、新井が後退。次周に平田は小島に先頭を譲り、上位勢は小島、平田、熱田、成田、増田の順となりました。6周目、成田が転倒により7番手へと後退。その次周、平田が熱田に抜かれると、レース終盤にかけて増田は平田との差を縮めました。

そしてラスト3周となった15周目、平田がまさかの転倒。この影響で増田も転倒を喫しました。それでも、平田はすぐに再スタートして、3位入賞を果たしました。しかし増田は、13位に終わりました。なおこのヒート2では、午前のレースでは徐々に順位を下げて8位でゴールした深谷が、1周目10番手から粘りの走りを続けて、5位に入賞しています。

▼IA2(250/125)ヒート1
富田俊樹(T.E.SPORT)が、山本鯨(スズキ)に次ぐ2番手で1周目をクリア。三原拓也(カワサキ)、稲垣佳樹(スズキ)、加藤吏一(カワサキ)を挟み、星野優位(HRF SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS)と田中雅己(TEAM ナカキホンダ)のHonda勢がこれに続きました。

小方誠(DREAM Honda RT Ogata)は、1周目11番手と出遅れましたが、2周目には一気に8番手へと浮上。また、2周目に山本が転倒して大きく後退したため、上位勢はそれぞれ順位を上げ、富田はトップに浮上しました。しかし富田は、次周に2番手へと戻りました。

5周目に入るところで、星野は加藤の攻略に成功して4番手に浮上。さらに、レースが後半に入った10周目に、ペースを落としつつあった富田を抜いて、3番手に順位を上げました。そして星野は、レース終盤に稲垣が転倒で後退したため2位でゴール。また、レース終盤まで追い上げを続けた小方も3位に入り、表彰台に登壇しました。田中は6位、富田は9位となりました。

▼IA2(250/125)ヒート2
強めの雨が降る中、レースがスタート。星野は好スタートを決め、1周目を山本、三原、加藤に次ぐ4番手でクリア。小方はこのヒートでもやや出遅れ、再び1 周目11番手からの追い上げレースとなりました。2周目、星野は加藤の背後へと迫りましたが、パッシングには至らず。逆に3周目以降は、やや間隔を拡大された状態の走行が続きました。

レース中盤、ペースが上がらなかった山本が上位勢から脱落し、星野がこれを抜いて3番手に浮上。するとレース後半、ハイペースを維持した星野は加藤をパスし、トップを走る三原との距離を詰めていきました。そして最終ラップに、三原のすぐ背後へと接近。しかし逆転の機会を得られず、星野は再び2位でチェッカーを受けました。小方は、5位まで追い上げてゴールしています。

▼レディース
山本泉(TEAM HAMMER)がトップ、V3チャンピオンの益春菜(SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS)が2番手で、オープニングラップをクリア。2周目以降、逃げ切りを図る山本を益がぴったりとマークする展開となりました。ところが、5周目の2連ジャンプで山本が転倒。直後を走っていた益も、これをうまく避けることができずに転倒を喫しました。

このアクシデントにより、益は安原さや(ヤマハ)に次ぐ2番手へと後退。再スタートに時間がかかった山本は、5番手まで順位を落としました。しかしここから、両者ともあきらめることなく追い上げを開始。ラストラップとなった9周目、ついに益は安原を抜き、開幕2連勝を達成しました。山本も、4位に順位を上げてゴールしました。

コメント

平田優 (IA1・6位/3位)
「実は今大会を、体調不良のまま迎えることになりました。ベストな状態でレースに臨めないというのはプロライダーとして失格だと、反省しています。自分の状態を考えれば、ある程度のリザルトに結びつける我慢のレースができたとは思っています。ただし、調整がうまくできていないことから、走りが硬くなったり、弱気になってしまった部分もあったとは思います。 TEAM HRCは勝つためのチームですから、表彰台に立つことはできましたが、もちろん今回の結果には満足していません。自分を信じて支えてくれている人たちのためにも、次戦以降はベストなコンディションでレースに臨み、そして早く、まずは1勝を挙げることができるよう、努力していきたいと思います」

増田一将 (IA1・5位/13位)
「ヒート1は、スタートでうまく前に出ることができたのですが、序盤はうまくペースがつかめず、ようやくリズムに乗ってきたところで転んでしまいました。逆にヒート2は、スタートがあまりよくなく、追い上げのレースとなりましたが、雨が降る悪いコンディションの中では、まずまずのポジションアップができたと思います。ところが、ちょうど2連ジャンプを踏み切るところで黄旗が提示されたので、ジャンプを跳ばないようにとリアブレーキをかけたところ、運悪く石にヒットして失速しすぎて、激しく転倒してしまいました。ただ、結果的には悪かったですが、大きなケガもなかったし、走りそのものは悪い感じではなかったので、そういった部分をプラスに考えて、次戦に臨みたいと思います」

市川哲也 |TEAM HRC監督
「平田は、ヒート2で今季初の表彰台に立つことができましたが、チームとしてはこの結果を不満に思っています。ホールショットを奪い、その後も後続を引き離しにかかっていたので、そのまま逃げきると信じていました。気持ちが守りに入ってしまったのだと想像しています。スピードは十分にあるライダーなので、今後はメンタル面を強化できるよう、サポートしていきたいと考えています。増田は、全力を出しきってはいましたが、今大会では少しスピードが足りなかったと思います。ただし、カラダのキレや攻めの姿勢などは、トップ勢と比べてもそん色ないことを、今大会でも十分に確認できました。2人とも、ツボにハマれば間違いなく勝てるライダーだと思うので、次戦もチーム一丸となって、勝利を目指していきたいと思います」

福留善秀 (IA1・3位/DNF)
「公式練習で調子がいいことは確認できたので、とにかくスタートで前に出ることにだけ集中して、決勝に臨みました。そしてヒート1は、狙いどおりホールショットを奪うことができました。ただ、久しぶりにトップを走ったことで、序盤は走りが硬かったと思います。中盤も、ラフに走ってしまう部分があり、徐々に体力を失ってしまいました。勝つためには、速さよりも強さが必要だと痛感しました。ヒート2は、他のライダーと接触しないようにとラインを変えたら、ジャンプで振られて沼地に落ちてしまいました。悔しさもたくさん残るレースでしたが、今回の走りでようやく長いトンネルの出口が見えてきたような気がするので、次戦以降もいいレースをしていきたいと思います」

星野優位 (IA2・2位/2位)
「これまでも2位に入賞したことはありますが、両ヒートをまとめたことはないので、その点はうれしく思っています。ただし、スタートが悪かったヒート1はともかく、ヒート2は勝てる可能性があったレースなので、悔しく思っています。路面コンディションの関係でフープスなどで選べるラインが少なく、結果的に周回遅れの処理に手間取り、三原選手にかなり接近できたのに、勝負を仕掛けるところまでは至りませんでした。結果には満足しきれてはいませんが、次につながるいいレースだったと思います。今季は、トレーニング方法などを改善して、体力的にも以前よりよくなっていると思います。まずは初勝利を目指してがんばります」

小方誠 (IA2・3位/5位)
「開幕戦終了後から、マシンのセッティングを煮詰めた結果、かなりいい状態で臨むことができました。ところが、他車に巻き込まれて転んでしまったために予選の順位が悪く、決勝ではいいグリッドを選択できませんでした。そのため、両ヒートともスタートが決まらず、追い上げのレースとなりました。それでもヒート1は、レース中盤以降にペースを上げて3位に入ることができましたが、ヒート2は雨の影響で追い上げがより厳しい状況となってしまいました。予選がよければ優勝も狙えたと思うので、かなり悔しい結果ですが、大きくポイントを落とすことはなかったし、マシンと自分の状態がいいことも確認できたので、気持ちを切り替えて次戦で優勝を狙います」

益春菜 (レディース・優勝)
「レース序盤は、山本選手の後ろで様子を見る作戦でした。かなり冷静に作戦を組み立てられていたのですが、それまで跳んでいなかった2連ジャンプを跳んだ周に山本選手が転倒してしまい、私は山本選手のマシンにやや当たるように着地。その際に、ハンドルから手が外れてしまい、私も転びました。その後は、安原選手との差が大きかったので、追いつくのは難しいかと思っていましたが、徐々に差が縮まってきたので、あきらめずに走り抜くことができました。これで開幕2連勝。こういうシーズンは初めてですが、今後も1戦ずつ大事に走り、最短となる6戦目でのシリーズタイトル獲得決定を目指したいと思います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
  2. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  3. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
ページ上部へ戻る