【JRR】亀谷選手が優勝、山口選手2位と、Honda勢が1-2フィニッシュ!

東日本大震災の影響でST600の開幕戦は、フォーミュラ・ニッポンとの共催となる、オートポリス・スーパー2&4レース2011となりました。ST600にとって初の2&4であり、予選でもノックアウト方式が初採用され、土曜と日曜にそれぞれ決勝が行われる2レース制で争われました。今大会には、アジア選手権からデチャ・クライサルト(ヤマハ)、14年ぶりの全日本となる藤原克昭(カワサキ)が参戦。さらに、オートポリスを拠点とする地元ライダーも参戦するなどバラエティーに富んだライダーたちがエントリーしました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る