【JRR】亀谷選手が優勝、山口選手2位と、Honda勢が1-2フィニッシュ!

東日本大震災の影響でST600の開幕戦は、フォーミュラ・ニッポンとの共催となる、オートポリス・スーパー2&4レース2011となりました。ST600にとって初の2&4であり、予選でもノックアウト方式が初採用され、土曜と日曜にそれぞれ決勝が行われる2レース制で争われました。今大会には、アジア選手権からデチャ・クライサルト(ヤマハ)、14年ぶりの全日本となる藤原克昭(カワサキ)が参戦。さらに、オートポリスを拠点とする地元ライダーも参戦するなどバラエティーに富んだライダーたちがエントリーしました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る