YAMAHA、「FZ1」のリコール

リコール開始日:平成23年6月1日

【不具合の部位】
後写鏡

【不具合の内容】
後写鏡において、製造工程で使用する治具の寸法に余裕がないため、反射鏡をカットした後の研磨のバラツキにより、当該反射鏡の寸法が小さいものがある。そのため、道路運送車両の保安基準に適合しないおそれがある。

【改善の内容】
全車両、左右の後写鏡を良品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.2754のステッカーを貼付する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
ヤマハ EBL-RN21J FZ1 RN21J-000033〜RN21J-002484
平成20年1月24日〜平成22年6月10日 682台 ネイキッド仕様

【注意事項】上記、対象車の車台番号範囲においてもFZ1FAZERは対象外です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る