TeamKAGAYAMA、開幕戦、惜しくも5位フィニッシュ!

きょう15日、いよいよ全日本ロードレースが開幕しました。当初、4月3日が開幕戦の予定だったのですが、東日本大震災の影響で延期され、約1ヶ月遅れの開幕。レース前には、参加選手全員で、被災地で被害に遭われた方へ、1分間の黙祷をしてレースに臨みました。

きのう14日の予選で2番手を獲得したTeamKAGAYAMAの加賀山就臣は、朝のフリー走行でマシンセッティングを最終確認し、4番手タイムで終了。体制作りからのシーズン、ほぼゼロからスタートしたマシンでの初レースだけに、まだまだテスト時間が不足していますが、とにかく待ちに待ったレースを迎えることになりました。

好天で迎えた決勝レース、スタートで飛び出した加賀山は、なんと真っ先に1コーナーに飛び込んでいくホールショットを獲得! しかし、すぐに秋吉(ホンダ)にかわされて2番手。後方に中須賀(ヤマハ)、伊藤(ホンダ)、高橋(ホンダ)を従えて、トップグループでレース序盤を消化します。しかし、まだまだマシンセッティングが万全ではなく、4周目に伊藤に、5周目に中須賀にかわされて4番手にポジションダウンすると、9周目には高橋にもパスされて5番手へ。しかしすぐに高橋を抜き返し、4番手争いでレース終盤を迎えることになりました。

レースは秋吉、伊藤、中須賀のトップ争いのなか、秋吉が抜け出し、そのまま開幕戦を優勝。2位に中須賀、3位に伊藤が入り、最終ラップまで高橋と激しいバトルを繰り広げていた加賀山は、高橋を抑えきることが出来ず、5位でフィニッシュ。それでも、結成したての純プライベートチームで、開幕戦のグリッドにつき、転倒なくレースを終えることができたレースとなりました。

加賀山就臣 
ライバルも同じ条件とはいえ、まだまだ走り込みと、マシンのセットアップの詰めが足りない状態のままのレースで、その問題がハッキリ出たレースになってしまいました。もっとトップグループと戦いたかったですけど、現状のチーム加賀山は、全日本ロードレースの中でこの位置にいるんだ、という再確認になりました。5位なんて順位、悔しくて仕方がないですけど、久しぶりのレースは楽しかった! 気心の知れたスタッフとひとつの目標に向かって進む楽しさ、難しさを味わえた開幕戦でした。もっともっと頑張って、早くみなさんに優勝報告をしたいと思っています。今日もたくさんの仲間やスポンサーのみなさんが応援に来てくれました。次のレースも、応援よろしくお願いします。

開幕戦 鈴鹿2&4レース正式結果
1位 秋吉耕佑   ホンダ
2位 中須賀克行  ヤマハ
3位 伊藤真一   ホンダ
4位 高橋 巧   ホンダ
5位 加賀山就臣  スズキ
6位 芹沢太麻樹  カワサキ
7位 出口 修   カワサキ
8位 柳川 明   カワサキ
9位 武田雄一   ヤマハ
10位 大崎誠之   カワサキ

全日本ロードレースJSBクラスの第2戦は7月2−3日、ツインリンクもてぎで行われます。ぜひ、応援にいらしてください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る