【JRR】秋吉が開幕戦を制す。緊急参戦の伊藤も3位に入る快走を披露

今季の全日本ロードレース選手権は、4月3日の茨城県筑波サーキットで開幕戦を迎えるはずだったが、東日本を襲った未曾有の大災害の影響をかんがみて、大幅にスケジュールが変更された。筑波戦は中止となり、1ヶ月以上遅れて5月15日、鈴鹿2&4で開幕戦を迎えた。なお、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンとの併催のため、JSB1000のみの開催となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る