[DUCATI] MotoGP Rd.4 フランス ロッシが今季初の表彰台を獲得、ヘイデンは7 位フィニッシュ

2011 年5 月15 日フランス GP
2011 年MotoGP 第4 戦フランスGP は、5 月15 日にルマンサーキットで開催され、スリルとサプライズが連続する興味深いレースが演じられた。ドゥカティ・モトGP チームのバレンティーノ・ロッシは、フランスGP を3位で終え、ドゥカティ移籍後初となる表彰台を獲得した。チームメイトのニッキー・ヘイデンは、4 列目からのスタートではあったが、7 位までポジションを上げてチェッカーを受けた。

ロッシは、エンジニアやメカニックの協力の下、週末を通じてデスモセディチGP11 のセットアップを煮詰め、走行する毎にパフォーマンスを向上させ、レース当日には最良のセットアップに仕上げることに成功。オープニングラップ終了時点で6 番手までポジションを上げたロッシは、4 位を争うホルヘ・ロレンツォとアンドレア・ドヴィツィオーゾからコンマ数秒のギャップを維持。ゴールまで残り10 周で、2 位争いを演じていたダニ・ペドロサとマルコ・シモンチェッリがクラッシュしたため、3 台のバトルはいきなり2 位争いへと変わった。レースは、ケーシー・ストーナーが優勝、その後にはドヴィツィオーゾが続き、ロッシは3 位でチェッカーを受けた。

ヘイデンは、ベン・スピーズと6 位争いを展開。最終的にその順位はスピーズに譲ったものの、こちらも週末を通じてパフォーマンスを向上させることができたため、満足げな表情を見せていた。
ロッシは、2 日後の5 月17 日、シルバーストンサーキットの新しい施設であるパドックウィング開設記念式典が行われるため英国に入り、ドゥカティ1198 スーパーバイクをライドすることになっている。

バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ・モト GP チーム)3 位
「適切な開発の方向性が見つかったうえに、こうして表彰台に上ることができたので、本当に嬉しいよ。個人的にも、今日のレースは面白かったし、デスモセディチをうまく乗りこなすことができた。特にテクニカルセクションでは良いペースで走行することができた。スタートからフィニッシュまで、バイクのフィーリングが良く、一貫して良いタイムで走れた。午前中にジェレミーやドゥカティ・スタッフと協力して、セットアップに最終的な変更を加えたのだが、これが功を奏して、ラップあたりコンマ2 秒ほど速く走れるようになった。このセットアップならばロレンツォは攻略できると感じていたので、レース中もその目標に照準を合わせていた。一時はドヴィツィオーゾの前に出られたが、ラップカウント数を間違えて、ファイナルラップではなくその1 周前に仕掛けてしまった。ほんのわずかだが、それで集中力を失い、逆転を許してしまったけれど、この結果は決して悪くはなかった。

自分にとっても、チームにとっても、フィリッポ(プレツィオージ:ドゥカティ・モトGP マシン開発責任者)にとっても、そしてドゥカティ・スタッフ全員にとっても、良い結果だったと言える。これでチームのモチベーションは上がるだろう。ただし、まだやるべき仕事は残っている。僕も自分のライディング・スタイルをドゥカティの特性に合わせる努力を続けなければならない。現在のライディングでは、まだ100 パーセントとは言えないからね。とはいうものの、今日はチーム全員で良いレースが出来、表彰台を獲得した結果を祝福したいよ。」

ニッキー・ヘイデン(ドゥカティ・モトGP チーム)7 位
「10 番グリッドからのスタートでは、良いところはほとんどないと思っていたけれど、マシンを若干進化させることができただけでなく、スタートもかなり良かった。しかし、混戦だったので、逆に少しタイムをロスすることになった。その後、ポジションを上げて、徐々にスピーズとコーリン(エドワース)との差を縮めた。コーリンがクラッシュして、一度はベン(スピーズ)をオーバーテイクしたものの、その後は34 秒台をキープして走ることが出来ず、最後まで彼を捕えることができなかった。7 位というリザルトは、決していいとは言えないが、今週末はこれがベストだったと思う。路面温度が低い時は、良いペースで走行できた。その状況では、常にトップ5 のタイムが出ていた。レースではもっといい成績を期待していた。とはいえ、ようやく調子も上がってきたところだから、今後のレースに期待しているよ。」

ヴィットリアーノ・グアレスキ(ドゥカティ・モト GP チーム・チームマネージャー)
「ロッシのリクエストに応じて、初めてマシンに改良を施したところ、すぐに良い結果が出たので、今週末のレースには満足している。好タイムを維持して、バトルにも加わり、良いレースができた。セットアップについても、良い結果を残すことが出来た。今朝のウォームアップを含めて、セッション毎にセットアップを変更し、その都度、パフォーマンスを向上させることができた。だが、これは始まりにすぎない。私たちにはやるべき仕事がまだ残っている。上位陣とのギャップを埋めなければならないが、私たちが正しい方向に向かっていることは間違いない。ニッキーも、マシンフィールが向上したことを確認するとともに、週末を通じてマシンを進化させてくれた。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る