【SBK】レイは2戦連続優勝を目指すも、レース1で6位、レース2はリタイア。チャウスは両レースでポイントを獲得

好天に恵まれた第4戦イタリア大会は、CBR1000RR勢にとって厳しいレースとなった。今季初フロントローの予選3番手から、モンツァ初表彰台、初優勝を狙ったジョナサン・レイ(Castrol Honda World Superbike Team)は、第1レースで6位。第2レースはスタート直後の多重クラッシュに巻き込まれ、転倒リタイア。予選17番手から決勝に挑んだルーベン・チャウス(Castrol Honda World Superbike Team)は、第1レース15位、第2レース12位だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る