日本初!英国マン島レースに電動バイクで参戦するTeam Prozza(チーム プロッツァ)

5月30日から6月10日に開催される2011年マン島ツーリスト・トロフィーレース。
オートバイレースに興味のある方なら誰もがご存知と思われる、100年を超える歴史と過酷なコースで知られる”マン島TTレース”で、2009年に開設されたゼロエミッションカテゴリ、「TT Zero」クラスが存在します。電動バイクの世界最速マシンを決めるレースとして位置づけられる「TT Zero」クラスに、今年、日本で初となる株式会社プロスタッフによる電動バイク(マシン「Prozza TT 零-11」)での参戦が発表されました。総合監督に元F1ドライバーの野田英樹氏、レーサーにマン島TTライダーの松下ヨシナリ氏を起用し、現在も数々の困難を乗り越えながらも、ついに4月27日、テストランに成功しました。
中でも、東日本大震災の影響は思わぬ形で影響を及ぼし、バッテリーユニットをコントロールするBMS装置(バッテリー・マネージメント・システム)の設計を根底から覆ざるを得なくなりました。最終セットアップの一環として行っていた限界性能テスト中にそれは起きました。BMS装置で、より高電圧、大電流を流せるよう性能を高めているテスト中に回線がショートしたのです。
専用設計のBMSを再度作り直す必要に迫られた開発チームを待ち受けていたのが東日本大震災による提携先企業の影響でした。BMS制作を請け負っていた提携先企業の設備が復旧を要する状態となっていたため、再制作する時間を失われた開発チームはマシン構成をリセットし、調達可能な汎用部品で完成させる道を選択せざるを得ませんでした。

タイトなスケジュールの中、一つ一つ課題を克服しながら進むTeam Prozzaの奮闘ぶりがブログからも伝わってきます。ギリギリの調整を継続して行っているTeam Prozzaを応援しましょう!

■TT-零11 spec
・パワーユニット:直流モーター
・バッテリー:電圧92.5V
・装備重量:178.5kg(ベース車の装備重量は185kg)
・車体重量バランス:前54%/後46%
・最高速:約220km/h(ダイナモ試験・無風)

■関連リンク
Team Prozza マン島TTZero Project
マン島TTZero 挑戦ブログ
松下ヨシナリ氏のオフィシャルホームページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る