エヴァンゲリオンRT弐号機トリックスターFRTR 全日本ロードレース第2戦 参戦決定

 ラナ エンタテインメント株式会社は、2011年のエヴァンゲリオンレーシングの活動を拡大いたします。SUPER GTは既に発表済みの「エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電」に、PORSCHE 911 GT3Rによる「エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION」を加えた2台体制で参戦いたします。また全日本ロードレース選手権はKawasaki ZX-10Rによる「エヴァRT弐号機トリックスターFRTR」で、鈴鹿サーキットで開催される第2戦にスポット参戦が決定いたしました。

 GT300クラスに参戦する「エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION」は、ポルシェカレラカップジャパンにて豊富なキャリアを持つDIRECTION RACINGとタッグを組み、ベースマシンはFIA-GT3新型車両「PORSCHE 911 GT3R」を採用。ドライバーは、2007年ドイツF3選手権、2008年全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得したカルロ・ヴァン・ダム選手と、株式会社ディレクションの代表取締役を務めるながらもポルシェカレラカップドライバーとしての経歴を持つ水谷晃選手という布陣で戦います。「エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION」は、開幕戦となる富士スピードウェイ(4/30-5/1)でその姿を公開しデビューいたします。

 「全日本ロードレース選手権」に於いては、「エヴァRT初号機トリックスターFRTR」と同じく TRICK☆STAR RACINGとタッグを組み、鈴鹿サーキットで行われる第2戦鈴鹿2&4レース(5/14-15)にスポット参戦いたします。マシンは初号機と同じく「Kawasaki ZX-10R」の新型車両を弐号機カラーにした「エヴァRT弐号機トリックスターFRTR」。ライダーには芹沢太麻樹選手を起用いたします。

 SUPER GTでは、新たに清水恵理(しみずえり)、采女華(うねめはな)の2名のレースクィーンが加わり、全5名によってさらにエヴァの世界観を広げて参ります。そして、SUPER GT 第2戦富士スピードウェイ(4/30-5/1)では、5名のレースクィーンが揃っての登場を予定しております。 ロードレースのレースクィーンには、昨年に引き続き野呂陽菜(のろはるな)が式波・アスカ・ラングレーをモチーフとした衣装で登場し、サーキットに華を添えます。

 このエヴァンゲリオンレーシングのSUPER GTマシン2台、ロードレースマシン2台の4台を応援する、個人スポンサー「EVA RACING SUPPORTERS 2011」を引き続き募っております。 (エヴァンゲリオンレーシング公式HP http://eva-racing.com)

photo by (C)Khara

◎ロードレース

◆参戦レース
2011 MFJ全日本ロードレース選手権 第2戦鈴鹿(5/14-15)

◆チーム名
エヴァRT弐号機トリックスターFRTR

◆車両ゼッケン
♯02

◆ファクトリー
TRICK☆STAR Racing

◆監督
鶴田 竜二

◆車両
Kawasaki ZX-10R

◆タイヤ
ブリヂストン

◆参戦マシン
エヴァRT弐号機トリックスターFRTR

◆RIDER
芹沢 太麻樹

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る