「RIDE for JAPAN」 ライダーの思い、東北に届けます!

バイクユーザーの日常的な活動が被災地支援の一助になれば、という思いから開催し「RIDE for JAPAN 東北地方太平洋沖地震チャリティミーティング@Webike CAFE」。

当日は、35以上のメーカーブースに、約200点以上のチャリティオークションの出品、中野真矢さん、加賀山就臣選手、野左根航汰選手、辻本聡監督、福山理子さん、阿部光雄監督、佐川健太郎さんといった多彩なゲストが登場。

そして何よりも、東北地方を何らかの形で応援したい、という思いを抱く大勢のライダーが、会場のTOYO TIRESターンパイクビューラウンジに集まりました。

開催日:2011年4月16日(土)
開催場所:TOYO TIRESターンパイクビューラウンジ

チャリティオークション開催時には、弊社代表信濃及び、中野真矢さんを始め各ゲストから挨拶がありました。

オークション会場では、メーカーからの協賛品が数多く出品されたほか、
ゲストからのサイン入りお宝グッズが多数出品され、おおいに盛り上がりました!

東京モーターサイクルショーに出品予定だった注目のニューモデルも多数展示。
来場者の注目を集めていました。

メーカーブースで一際目立っていたのが、キャニオントラックで登場したヨシムラブース。
新型サイクロンマフラーを装着した車両に、本物の8耐レーサーGSX-R1000など間近で見られる機会とあって、人が絶えませんでした。

また、今年から全日本ロードレース選手権JSB1000に参戦する加賀山就臣選手は、サーキットのPITを再現したブライトロジックブースで記念撮影するなど、オークション会場以外でも大活躍。
※しかも当日は辻本聡監督と二人でバイクで来場!

すっかり大人びたWebikeチームノリックヤマハの野左根航汰選手。今年は全日本ロードレース選手権J-GP2クラスにステップアップです!

WebikeチームノリックヤマハのYZF-6Rベースのレース車両と、ノリックが鈴鹿で勝利したYZR500も展示。
こちらも大勢の注目を集めていました。

各メーカー様のブースでは、新商品の展示や、破格の値段で商品を販売し、その売上を全額寄付してくださるメーカーも!
掘り出しものを見つけた来場者も大勢いらっしゃいました。

今回のチャリティミーティングで集まった義援金は、オークション会場での売上、皆様からの募金を
合わせ、総額で121万円にも上りました。

今回の義援金は全額、あしなが育英会による「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に寄付させていただきました。
オートバイを通じた今回の活動が、東北大震災で被災された方々の支援につながることを心より願っております。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る