青木宣篤がMotoGPライダーと共に東日本大震災を応援!

2011 MotoGP Auction 頑張れ東北!

スズキMotoGPマシンの開発ライダーを務める青木宣篤が、“今、僕らにできること”を考え東日本大震災の応援に立ち上がった。

青木宣篤ならではの人脈で、マレーシアテストなどでMotoGPライダーからグッズを集め、チャリティーオークションを日本グランプリの前夜祭で行う予定だった。日本グランプリも東日本大震災の影響を受け10月に延期。“今”助けたいという思いから、急遽、東日本大震災への義援金を送るために前倒しで開催に踏み切った。

グッズは、バレンティーノ・ロッシを始め、ケーシー・ストーナー、ニッキー・ヘイデン、ダニ・ペドロサ、トニー・エリアス、ロリス・カピロッシ、ランディ・ド・プニエ、マルコ・シモンチェリ、そして青山博一と蒼々たるメンバーから集めている。

オークションは、4月10日22:00までにメールで入札できる。ぜひご協力を!

NobuAoki official web site

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る