青木宣篤がMotoGPライダーと共に東日本大震災を応援!

2011 MotoGP Auction 頑張れ東北!

スズキMotoGPマシンの開発ライダーを務める青木宣篤が、“今、僕らにできること”を考え東日本大震災の応援に立ち上がった。

青木宣篤ならではの人脈で、マレーシアテストなどでMotoGPライダーからグッズを集め、チャリティーオークションを日本グランプリの前夜祭で行う予定だった。日本グランプリも東日本大震災の影響を受け10月に延期。“今”助けたいという思いから、急遽、東日本大震災への義援金を送るために前倒しで開催に踏み切った。

グッズは、バレンティーノ・ロッシを始め、ケーシー・ストーナー、ニッキー・ヘイデン、ダニ・ペドロサ、トニー・エリアス、ロリス・カピロッシ、ランディ・ド・プニエ、マルコ・シモンチェリ、そして青山博一と蒼々たるメンバーから集めている。

オークションは、4月10日22:00までにメールで入札できる。ぜひご協力を!

NobuAoki official web site

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る