HONDA、「スーパーカブ110/110P/110PRO/110MD」のサービスキャンペーン

改修の開始日:平成23年3月16日

【不具合の部位】
エンジンの左側クランクケースカバー オーリング

【不具合の内容】
エンジンの左側クランクケースカバー中央部にある点検蓋に組み込まれたオーリングの耐熱性が不足しているため、運行中のエンジンオイルの温度上昇で徐々に硬化するものがあります。そのため、そのまま使用を続けるとオーリングのシール性が低下してエンジンオイルが滲み出るおそれがあります。

【改善の内容】
オーリングを対策品に交換します。

【使用者に周知させるための措置】
ダイレクトメールまたは直接訪問で通知します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】

ホンダ EBJ-JA07 スーパーカブ 110 JA07-1000031〜JA07-1015558
平成21年6月10日〜平成23年1月18日 15,314台

ホンダ EBJ-JA07 スーパーカブ 110 JA07-1100001〜JA07-1102150
平成22年8月6日〜平成23年1月29日 2,150台

ホンダ EBJ-JA07 スーパーカブ110P JA07-1006929〜JA07-1007929
平成21年11月2日〜平成22年2月5日 213台
※二輪警察車

ホンダ EBJ-JA07 スーパーカブ 110PRO JA07-3000006〜JA07-3004231
平成21年9月29日〜平成23年1月12日 4,226台

ホンダ EBJ-JA07 スーパーカブ 110MD JA07-3080009〜JA07-3105057
平成21年9月28日〜平成23年1月12日 25,049台
※郵政専用車両

対策後の識別:車台番号打刻部付近に白色ラベル(KB42)を貼り付けます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
ページ上部へ戻る