ハーレーダビッドソンジャパン、電装品制御装置の自主改善

自主改善開始日 : 平成23年3月8日

【不具合の内容】
電装品制御装置において、製造過程における接合面の防水処理が不適切なものがあり、当該装置に水が浸入し内部回路がショートする場合がある。そのため、当該装置から電子制御コンピュ?タに信号が正しく伝わらなくなることにより電子制御コンピュ?タが異常と認識し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

【改善の内容】
当該装置を良品に交換する。

【クレーム件数】
0件

【事故の有無】
なし

【使用者に周知させるための措置】
・ 販売店から使用者へ直接連絡する。
・ ハーレーダビッドソン ジャパン?のインターネットホームページに自主改善情報を掲載する。
・ 日整連発行の機関誌に掲載する。

【対象の製品名 部品番号 自主改善対象部品の出荷期間 自主改善 対象数 備考】
電装品制御装置 69997-11 平成22年8月 〜平成23年2月 434個

【問い合わせ先】
ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社 カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダ「N-VAN(エヌバン)」が、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「実…
  2. K’s-STYLEは、カワサキZX-6R(’19-)用ローシートを発売した。 純正シートを…
  3. ホンダ・レーシングは、2019年モデルの「RTL300R」を2019年2月(予定)に全国…
  4. BMWの次世代ボクサー・エンジンのプロトタイプを使用 12月2日(日)に横浜で開催されたヨ…
ページ上部へ戻る