2011年「Webike Team Norick YAMAHA」体制発表

2011年3月3日、「Webike TeamNorick YAMAHA 2011年体制発表会」を、東京にあるリバークレイン本社で開催しました。

2011年、Webike TeamNorick YAMAHAは、野左根航汰選手を率いて、全日本ロードレース選手権 J-GP2クラスにシリーズ参戦します。監督は阿部光雄監督、ライダーは野左根航汰選手、チーフメカニックは矢内淳一メカニック、チームマネージャーは Webikeの登内建也という体制で臨みます。

マシンは、YAMAHA YZF-R6をベースとした600ccの車両、ゼッケンは31番をつけて走ります。
この31番というゼッケン番号は、YAMAHAの伝説的なゼッケンです。平忠彦選手が1986年に世界グランプリで初優勝を飾った時につけていたもので、さらには原田哲也選手が1993年に初めてフル参戦した世界グランプリでシリーズチャンピオンを獲得した時につけていたゼッケン番号でもあります。それにちなみ、野左根航汰選手もゼッケン31番で、今シーズンのレースに挑みます。どうぞ、皆さまご期待下さい!

Webike TeamNorick YAMAHA チーム監督 阿部 光雄 コメント
典史(ノリック)が、2006年に結成したチームノリックですが、今年で5年経ちました。この野左根航汰も当初からのライダーの一人です。
2010年からは、全日本ロードレース選手権 J-GP3クラスに参戦してきました。成績は、年間ランキング9位というものでしたが、この結果は、キットパーツこそ装着していたもののエンジンなどは全くモディファイしていないノーマルであったTZ125で、おそらくトップグループより4〜5馬力パワーが少ないマシンで戦った中でのものでした。そのようなハンディがある中、野左根航汰は、随所に良い走りを見せてくれ、ライダーのポテンシャルの高さが感じられました。

そして今年、以前からの計画でもあったのですが、昨年の結果も踏まえ、自信を持ってJ-GP2クラスに、多くの方々の協力を得ながら参戦することができることとなりました。

スタッフについてですが、今年からメンバーに加わってくれた矢内淳一メカニックは典史(ノリック)がワールドスーパーバイクに参戦していた時にマシンを担当してくれていたメカニックでもあります。彼は、昨年、全日本ロードレース選手権ST600クラスで後半3戦連続表彰台を飾った大崎誠之選手のメカニックを務めていた経歴もあります。YAMAHAのYZF-R6のスペシャリストで、マシンについて熟知しているので、強い味方が加わってくれたと思っています…

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る