YAMAHA、MotoGP マシン YZR-M1 をイメージしたカラーリングを採用「YZF-R1」2011年モデルについて

ヤマハ発動機株式会社は、高性能な水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載する1,000ccスーパースポーツ、「YZF-R1」のグラフィックを変更し2011年4月15日より発売する。

2011 年モデルの「ディープパープリッシュブルーメタリック C」車には、MotoGP 用ファクトリーマシン「YZR-M1」※のイメージ漂うカラー&グラフィックを採用した。マゼンタ系フレームとの調和が人気の「ブルーイッシュホワイトカクテル 1」は継続設定とした。

「YZF-R1」は、をコンセプトとした製品で、“クロスプレーン型クランクシャフト”を採用するなど MotoGP マシン「YZR-M1」の技術を随所に反映、リニアな駆動力特性と高いコーナリング性能が特色である。スーパースポーツの高性能と高品質感を期待するニーズに応え 2009 年 6 月より国内発売している。
※「YZR-M1」:史上初の MotoGP・3 年連続 3 冠(2008〜2010 年/ライダー、チーム、コンストラクター)を獲得したレース用車両。

<名 称> 「YZF-R1」
<発 売 日> 2011 年 4 月 15 日
<メーカー希望小売価格> 1,417,500 円 (本体価格 1,350,000 円、消費税 67,500 円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。
<カ ラ ー リ ン グ> ■ディープパープリッシュブルーメタリックC (新グラフィック/ブルー)
■ブルーイッシュホワイトカクテル1(継続/ホワイト)
<販 売 計 画> 300 台(年間、国内)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る