【SBK】開幕戦オーストラリア決勝(02.27)レース2で ジョナサン・レイ4位、ルーベン・チャウス10位

開幕戦オーストラリア大会の決勝は、開幕前の事前テストで不運にも転倒し、両手などを負傷したジョナサン・レイ(Castrol Honda World Superbike Team)が予選12番手からスタートして両レースともに健闘。サーキットに集まったファンを喜ばせた。第1レースは3位争いに加わったが、レース中盤に痛恨のコースアウトを喫し、大幅に順位を落として12位。第2レースは、し烈な4位争いのグループに加わり、4位でチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る