スズキ、「アドレスV125」のリコール

改修の開始日:平成23年1月19日

【不具合の部位】
原動機(燃料噴射コントロールユニット)

【不具合の内容】
燃料噴射コントロールユニットにおいて、車両の製造工程で誤品を組付けたものがあります。そのため、加速時の騒音規制値を満足しなくなります。

【改善の内容】
全車両、速度センサーのハーネスを点検し、リヤタイヤとの接触痕のあるものは、速度センサー一式を新品と交換するとともに、ハーネスを固定するクランプを追加し適切に配索します。それ以外のものは、ハーネスを固定するクランプを追加し適切に配索します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
スズキ EBJ-CF4MA アドレスV125 CF4MA-108205〜CF4MA-110361
平成22年10月29日〜平成22年11月23日 514台

対策後の識別:車台番号の打刻近傍に白色のシールを添付します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る