BMW、「K1200S」「K1200R」「K1200R-S」「K1200GT」「K1300S」「K1300R」「K1300GT」のリコール

改修の開始日:平成22年12月21日

【不具合の部位】
懸架装置 (リレーレバー)

【不具合の内容】
リアサスペンション下部のリレーレバー取付部の腐食対策が不適切なため、当該取付部のブッシュに腐食が生じ、リレーレバーの動きが悪くなることがある。そのため、当該レバーに負荷がかかり、最悪の場合、リレーレバーが折損し、走行安定性を損なうおそれがある。

【改善の内容】
全車両、リレーレバーを対策へ交換するとともに、保護クリップを追加する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
BMW K 1200 S BMW K1200S WB10581J55ZL91265 〜 WB10581J35ZL99929
平成16年10月11日〜平成17年7月4日 459台

K 1200 S BMW K1200S WB10581J46ZR80566 〜 WB10581A18ZR89972
平成17年8月9日〜平成19年10月8日 618台

K 1200 S BMW K1200S WB10581A28ZU42550 〜 WB10581A68ZU43538
平成19年10月22日〜平成20年2月25日 104台

K 1200 S BMW K1200S WB10581A38ZW14729 〜 WB10581A18ZW15491
平成20年3月1日〜平成20年4月28日 48台

K 1200 R BMW K1200R WB10584076ZN10096 〜 WB10584098ZN22656
平成17年2月16日〜平成20年4月28日 622台

K 1200 R-S BMW K1200R-S WB10585JX7ZP75197 〜 WB10585037ZP78272
平成18年11月1日〜平成19年7月16日 215台

K 1200 GT BMW K1200GT WB10587J36ZN65570 〜 WB10587058ZN74930
平成18年3月1日〜平成20年1月14日 438台

K 1200 GT BMW K1200GT WB10587028ZU95523 〜 WB10587048ZU96589
平成20年1月21日〜平成20年4月21日 48台

K 1300 S BMW K1300S WB10508049ZV65279 〜 WB1050807BZV72880
平成20年11月1日〜平成22年10月1日 481台

K 1300 R BMW K1300R WB105180X9ZV77314 〜 WB1051800BZV82480
平成20年11月1日〜平成22年10月1日 334台

K 1300 GT BMW K1300GT WB10538099ZW00173 〜 WB105380XAZW05578
平成20年11月24日〜平成22年4月19日 23台

【注意事項】 リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

対策後の識別:シート下のフレームに外-1726を貼付する

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  2. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・広沢商事は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
  4. ボンネビルシリーズにはじまるモダンクラシックのラインナップに、トライアンフの伝説的なビッグネ…
ページ上部へ戻る