YAMAHA、「ジョグCE50」 リコール

改修の開始日:平成22年12月8日

【不具合の部位】
方向指示器(方向指示器のレンズ)

【不具合の内容】
後面の方向指示器において、レンズを締め付けるねじの樹脂製ワッシャに含まれる成分により、レンズのねじ締付部に亀裂が生じるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行し、最悪の場合、当該レンズが脱落するおそれがある。

【改善の内容】
全車両、樹脂製ワッシャを取り外し、当該レンズとねじを新品に交換する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
ヤマハ JBH-SA36J ジョグCE50 SA36J-601010〜SA36J-624529
平成22年2月1日〜平成22年10月29日 23,520台

ヤマハ JBH-SA39J ジョグCE50D SA39J-656877〜SA39J-658836
平成22年2月2日〜平成22年10月21日 1,960台

ヤマハ JBH-SA39J ジョグCE50ZR SA39J-540688〜SA39J-546231
平成21年9月16日〜平成22年10月22日 5,544台

対策後の識別:メインスタンド左側取付部付近に白ペイントを塗布する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ’19でユーロ4対応とともにスタイルを一新するモデルチェンジを受けたカワサキNinja ZX…
  2. 3月31日(日)に沖縄最大級のバイクイベント「カスタムマシンコンテスト2019 in ム…
  3. ※画像はイメージです。 全国の対象店舗で実施 NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3…
  4. 誕生経緯がよく似ている初代と新生カタナ 新生カタナが誕生するきっかけは、モトチクリスモ誌が…
ページ上部へ戻る