HONDA、「DN-01」のサービスキャンペーン

改修の開始日:平成22年12月3日

【不具合の内容】
エンジンと点火プラグキャップ周辺との隙間設定が不足したため、炎天下の停車時にプラグキャップの温度が上昇して絶縁性が低下すると、プラグキャップ外周からエンジンに放電するものがあります。そのため、点火プラグに供給する電圧が低下し、アイドル回転域での要求電圧を満たさなくなるため、エンジン不調となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

【改善の内容】
点火プラグキャップを対策品と交換します。

【使用者に周知させるための措置】
ダイレクトメールで通知します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
ホンダ EBL-RC55 DN-01 RC55-1000042〜RC55-1000793
平成20年2月27日〜平成20年3月27日 751台

ホンダ EBL-RC55 DN-01 RC55-1010001〜RC55-1010449
平成20年5月7日〜平成21年2月23日 441台

ホンダ EBL-RC55 DN-01 RC55-1100002〜RC55-1100073
平成21年5月29日〜平成21年11月23日 72台

対策後の識別:車台番号打刻部付近に白色ラベル(KB39)を貼り付けます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る