YAMAHA、「シグナスX XC125/XC125SR」 リコール

改修の開始日:平成22年12月1日

【不具合の部位】
速度計

【不具合の内容】
計器盤内部に使用しているコンデンサに仕様の異なるものを組付けたものがあるため、速度計が作動しなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、計器盤の製造ロット番号を確認し、該当するものは計器盤を正規品と交換する。また、計器盤を交換する際は、その時点の走行距離をメンテナンスノートに記録する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
車名:ヤマハ 型式:EBJ-SE44J 通称名シグナスX XC125
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 SE44J-162457〜SE44J-164712 (平成22年3月23日〜平成22年7月12日)
台数 1592台

車名:ヤマハ 型式:EBJ-SE44J 通称名シグナスX XC125SR
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 SE44J-201253〜SE44J-202308(平成22年3月18日〜平成22年7月15日)
台数 790台

対策後の識別:改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.2663のステッカーを貼付する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る