[YAMAHA]MotoGP Rd.18 バレンシアGP決勝結果 ロレンソ今季9優勝、ロッシとスピースは3位・4位

「フィアット・ヤマハ・チーム」のホルヘ・ロレンソが今季9勝目、チームメイトのバレンティーノ・ロッシは3位表彰台、「モンスター・ヤマハ・テック3」のベン・スピースは4位、コーリン・エドワーズは12位だった。

ロレンソ、ロッシともにスタートで順位を下げ、第1コーナーでそれぞれ5位と9位。ロレンソはM・シモンチェリ(ホンダ)をパスする間に危うく転倒しそうなところを何とか持ちこたえたが、これで9位まで後退。一方のロッシは3ラップ目までに4位に上がり、3位のシモンチェリを追う。6周目にロッシは3位に浮上。ロレンソも後れを取り戻してロッシに続く4位につけた。この時点でふたりの前を行くのはD・ペドロサ(ホンダ)とC・ストーナー(ドゥカティ)。レースの3分の1ほどが終了したところで2人は揃ってペドロサをパス。その後、ロレンソとロッシの順位が入れ替わる。ロレンソがストーナーとのトップ争いに挑もうというところで、ロッシは少しずつ後退するが、3位を守りきって表彰台を獲得した。ロレンソはその後ますます勢いを増し、ストーナーに迫って23ラップ目にパスし、そのままゴールして優勝した。ロッシはクールダウンラップの途中で停まりマシンにキスをすると、‘ヤマハ&ロッシ’のストーリーが始まった2004年のウェルコム以来の46回の優勝の思い出を表現、YZR-M1に別れを告げた。

J・ロレンソ選手談(優勝)
「母国ファンの目の前で、何としても勝とうと思いバレンシアに臨んだ。予選は好調だったけれど、ケイシーはさらに速いように見えた。レースではケイシーと素晴らしいバトルができたし、この優勝は人生のなかの最高の瞬間。今シーズンで身につけた安定性を誇りに思っている。ヤマハ、そして頑張ってくれた全ての人にお礼を言いた。最後に、バレンティーノにグッバイ!そしてグッドラック!来年、彼と戦うのを楽しみにしている」

V・ロッシ選手談(3位)
「予選から厳しい状況だったので3位の結果には満足。スタートはあまり良くなかったけれども、走り出してみるとフィーリングがいいし、ペースも速くなっていることがわかった。一時は優勝も可能かと考えたけれど、終盤はロレンソとストーナーについて行く力が残っていなかった。これで5戦連続表彰台、力強くシーズンを締めくくることができてうれしい。素晴らしい7年間だった。チェッカー後は、僕とヤマハとのストーリーが始まった7年前のウェルコムと同じようにマシンを停めた。‘彼女’にさよならを言うための最良の方法だと思ったからだ。ありがとう、みんな。僕らは素晴らしい思い出を刻んだ」

B・スピース選手談(4位)
「序盤のバトルが落ち着いてくると、ホンダの3台が近づいて来るのが見えた。まずは彼らを1秒ほど前に置いて観察し、確実に抜いて逃げ切れる自信がついたところで勝負。コーナー立ち上がりでは彼らのほうが速いところもあったので、抜くならストレートへ続く所ではなく、コーナーが連続しているところのほうがいいと思った。そしてアンドレアとマルコをパスした後は、ひたすら体を伏せて差を拡大した。チームをはじめ僕のまわりでサポートしてくれたすべての人たちに感謝。2011年はもっと強くなれると確信しているよ」

■開催日:2010年11月7日(日)■開催地:スペイン/リカルド・トルモサーキット(4.005 km)■観客数:80,774人■周回数:30周(120.15km)■コースコンディション:ドライ■気温:22度 ■路面温度:27度
■PP:C・スト?ナー(1分31秒799/ドゥカティ)■FL:D・ペドロサ(1分32秒914/ホンダ)

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 J・ロレンソ Fiat Yamaha Team Yamaha 46`44.622
2 C・スト?ナー Ducati Marlboro Team Ducati +4.576
3 V・ロッシ Fiat Yamaha Team Yamaha +8.998
4 B・スピース Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +17.643
5 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team Honda +19.160
6 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini Honda +20.674
12 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +33.604

【2010年ランキングポイント】
1位: J・ロレンソ (Yamaha) 383 2位: D・ペドロサ (Honda) 245 3位: V・ロッシ (Yamaha) 233
4位: C・ストーナー (Ducati) 225 5位: A・ドビツィオーゾ (Honda) 206 6位: B・スピース (Yamaha) 176 、
11位: C・エドワーズ (Yamaha) 103

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る