[HRC] MotoGPもてぎ戦レポート

第14戦日本GP決勝は、予選3番手のケーシー・ストーナー(ドゥカティ)と、MotoGP初ポールポジション(PP)を獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(Repsol Honda Team)の一騎打ちとなり、ストーナーが今季2勝目。ドヴィツィオーゾは2位フィニッシュし、第5戦イギリスGPの2位以来、9戦ぶりの表彰台獲得となった。
MotoGP3年目のシーズン。49戦目にして初PPを獲得したドヴィツィオーゾは、PPから好スタートを切ってホールショットを奪った。しかし、2コーナーの立ち上がりでストーナーにかわされて2番手にダウン。その後も両選手のペースは速く、序盤にして早くも一騎打ちの様相となった

逃げるストーナー。それを追うドヴィツィオーゾ。ワンミスが勝敗を決する緊張感あふれる戦いとなったが、後半、小さなミスもあってややリードを広げられ、惜しくも2位でチェッカーを受けた。しかし、3位以下を大きく引き離した快走は、ツインリンクもてぎに集まったファンを喜ばせた。9戦ぶり表彰台を獲得したものの、今季初優勝を逃して悔しそうな表情だったが、ここから最終戦まで得意なサーキットが続くだけに、後半戦の巻き返しに闘志をみなぎらせていた。

■Comment

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(MotoGP 2位)
「序盤からプッシュしたが、今日のケーシーは速かった。タイヤの温度が十分に上がらず、ケーシーのペースが速かったので、今日は厳しい戦いになると思った。100%の走りで追ったが、一部のセクションでケーシーにやや遅れていたし、何回か小さなミスをして、タイムロスしてしまった。終盤はタイヤが厳しくなってタイムアップを図れなかった。優勝を狙っていたし、2位という結果は少し残念だが、表彰台に立ててうれしい。一緒に戦ってくれたチームに感謝したい」

山路敏幸|Repsol Honda Team 監督
「アンドレアのペースは速く、優勝も可能だったと思う。しかし、終盤、何度か小さなミスをしてタイムロスしたのが痛かった。しかし、アンドレアにとっては、再び、表彰台に立つことができて大きな自信になったと思うし、今後のレースにつながると思う。Repsol Honda Teamにとっては、これが250回目の表彰台というすばらしい記録を達成できたこともうれしい。この成績を残してくれた多くのライダー、そして、チームをサポートしてくれた関係者に感謝したい」

■Release
DOVIZIOSO BACK ON THE PODIUM FOR REPSOL HONDA TEAM
Repsol Honda rider Andrea Dovizioso claimed his fifth podium finish of the 2010 season by taking second place in…………….

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る