『2010 Honda MotoGP Premium Stage』 開催レポート

■開催地 : 東京都港区南青山 Honda ウエルカムプラザ青山
■日時 : 9 月29 日(水)16:00〜17:30
■天候 : 晴れ
■来場者数 : 約250 名

ロードレース世界選手権の最高峰クラスであるMotoGP に参戦するHonda のライダー全6 名が、9 月29 日(水)に東京・青山のHonda ウエルカムプラザ青山に集合し、『2010 Honda MotoGP Premium Stage』が開催された。

このイベントは、今週末に栃木県・ツインリンクもてぎで開催される2010 MotoGP 世界選手権シリーズ第14 戦 日本グランプリに向け、母国グランプリとなる青山博一選手をはじめとした全6名のHonda ライダーと日本のファンとの交流の場を図るために行われたものである。

『2010 Honda MotoGP Premium Stage』は午後4 時からの開催を予定していたが、平日にもかかわらず早朝からファンの方々が整理券を求めて150 名を越える長い行列を作り、ロードレース世界選手権とMotoGP ライダーへの関心の高さが覗えた。

トークショーでは、本日25 歳の誕生日を迎えたRepsol Honda Team のダニ・ペドロサ選手とチームメイトであるアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手の2 名から始まり、次にTeam San Carlo Honda Gresini のマルコ・メランドリ選手、マルコ・シモンチェリ選手、LCR Honda MotoGP のランディ・デ・ピュニエ選手の3 名、そして最後にInterwetten Honda MotoGP の青山博一選手と3 ステージに別けて展開し、ファンの方々からの質問などにも応えた。

トークショー後に行われた抽選会ではライダーから各自が使用したライディングギアやチームシャツがプレゼントされ、ファンの方からは感嘆の声があがった。

最後に写真撮影を行い、6 名のHonda ライダーはファンとの充実した交流の時間を過ごすとともに、Honda のホームサーキット開催に向けた熱い声援を受け、日本グランプリでの善戦を誓った。

この『2010 Honda MotoGP Premium Stage』には、約250 名もの熱心なファンが会場に訪れた。

■Interwetten Honda MotoGP 青山博一選手 コメント

「久しぶりの日本そして、シーズン唯一の日本グランプリとなりますが、このような場で楽しい時間を過ごすことができ、とても有意義な時間になりました。やはり、日本のファンの方々に応援してもらえることは、いつも以上に力となります。この会場に来てくださったファンの方々はもちろん、またもてぎで皆さんに会えることを楽しみにしています。皆さんの声援が励みになりますので、応援をよろしくお願いします。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る