[YAMAHA] WMX Rd.15(最終戦) イタリアGP MX1 決勝 フィリッパーツ、ランキング3位でシーズン終了

「ヤマハ・モンスターエナジー・モトクロス・チーム」のデビッド・フィリッパーツは、7位/6位の総合6位となり、最終のシリーズランキングは3位となった。「ヤマハ・モンスターエナジー・モトクロス・リッチ・チーム」のケン・デディッカーは第1ヒート14位、第2ヒートはリタイアし総合18位、ランキングは8位となった。

高速コースで過酷かつ多くのジャンプがある典型的なイタリアのコースであるフェルモ。予選で今季4度目のポールポジションを獲得していたフィリッパーツは、第1ヒートを4番手でスタートしたが、1周目にミスして後退、10番手付近まで順位を落とす。その後挽回して7位でゴールした。第2ヒートでは、多重クラッシュによる渋滞の際、フィリッパーツはハードな路面にヒットして膝をねじってしまうが、痛みを堪えながら力走して6位でゴールした。「ヤマハ・モンスターエナジー・リッチ・モトクロス・チーム」のケン・デディッカーは、肩の負傷が完全には癒えていない状態ながら第1ヒートは14位で完走。第2ヒートではアクシデントに巻き込まれ、その後大きく遅れリタイアに終わった。

D・フィリッパーツ選手談(7位/6位:総合6位)
「今日はベストを尽くした。固い轍にかなり激しくヒットして膝をねじってしまい、次の2周はジャンプができなかった。今は痛みが強く、早く診断を受けたい。診断の結果がどう出るか分らないが、ネイションズ(国別対抗競技)が近いので、たいしたことがないことを願っている」

K・デディッカー選手談(14位/リタイア:総合18位)
「あまり良い週末ではなかった。このコースではフィーリングは良くなく登りで苦労した。第2ヒートのスタートは良かったが、グァルネリが僕の前で転倒したのでスタックしてしまった。今年は、ドイツGPで優勝できて、その後は流れに乗れるかと思ったが、後半は怪我に悩まされたシーズンだった」

■モトクロス世界選手権第15戦イタリアGP
■カテゴリ:MX1
■開催日:2010年9月12日(日)
■開催地:フェルモ
■レース時間:(35分+2周)×2ヒート
■天候:晴れ
■観客数:22,500人

第1ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 S・ラモン Suzuki 39`33.144
2 X・ブー Kawasaki 0`02.174
3 S・プーセル Kawasaki 0`04.173
4 C・ドゥサル Suzuki 0`05.958
5 J・バラガン Kawasaki 0`07.902
6 M・ナグル KTM 0`11.073
7 D・フィリッパーツYamaha 0`19.516
14K・デディッカー Yamaha 1`16.675

第2ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 C・ドゥサル Suzuki 40`19.772
2 S・プーセル Kawasaki 0`04.419
3 M・ナグル KTM 0`06.278
4 S・ラモン Suzuki 0`18.402
5 X・ブー Kawasaki 0`29.992
6 D・フィリッパーツ Yamaha 0`35.386

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る