[Kawasaki] JMX Rd.8近畿 IA1新井、田中が3位表彰台に登壇 IA2中村が今季初V、総合優勝をマーク

2010 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第8戦近畿大会は、奈良県山辺郡山添村の名阪スポーツランドで開催された。会場の名阪スポーツランドは、山砂主体のサンド路面と変化に富んだトリッキーなレイアウトが特徴。1シーズン2大会の開催が定着しており、開幕戦以来となる今季2度目の大会は、第4戦SUGO大会に続きIA1とIA2上位者による混走レース「IA SHOOT OUT」が試行された。大会期間中は好天に恵まれ、厳しい残暑の下でのレースとなったが、中部、近畿双方からアクセスのいい同会場には、土日合わせ 10,455人の観客が訪れた。

今シーズンのカワサキレーシングチームは、IA1クラス2年目でランキングを4-3位と上げてきた2007年のIA2クラスチャンピオン新井宏彰と、自ら立ち上げたグリーンクラブTEAM TAKASEを率いるベテラン田中教世もチームのメンバーとしてワークスマシンKX450F-SRでIA1クラスに参戦。また一昨年、昨年と2年連続通算 3度目のIA2クラスタイトルを獲得した勝谷武史が加入し、ワークスマシンKX250F-SRでIA2クラス3連破を狙う。IA1クラス参戦の釘村忠は、怪我のため今大会も欠場した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る