[YAMAHA] WMX Rd.13 ブラジルMX1決勝 フィリッパーツがトップと同ポイントで総合2位を獲得!

「ヤマハ・モンスターエナジー・モトクロス・チーム」のデビッド・フィリッパーツは、予選でポールポジションを獲得。決勝でも、第1ヒートを優勝、第2ヒートでは2位に入り総合2位として、今季5度目となる表彰台に立った。

土曜日の予選でランキングトップのA・カイローリ(KTM)とのバトルを制し、今季3度目となるポールポジションを獲得したフィリッパーツは、決勝も好調を維持。第1ヒートは、ホールショットを奪うと、追いすがるM・ナグル(KTM)らを寄せ付けず快走を続け、一度もトップを明け渡すことなく今季2度目のヒート優勝を獲得する。

続く第2ヒートは序盤4番手とするが、中盤にM・ナグル(KTM)をかわして3番手に浮上。さらに終盤、トップを走るC・ドゥサル(スズキ)のマシントラブルにより順位を上げ2位でフィニッシュした。総合成績ではカイローリと同ポイントだったが、第2ヒートの成績を優先するために2位となった。

この結果、ランキングで3位のフィリッパーツは、2位ドゥサルとの差を49ポイントから30ポイントに縮め、残り2戦での逆転に望みをつないだ。また「ヤマハ・モンスターエナジー・リッチ・モトクロス・チーム」のK・デディッカーは、負傷した肩の治療とリハビリのため、今大会を欠場した。

D・フィリッパーツ選手談(優勝/2位:総合2位)
「今年のブラジルのコンディションもコースレイアウトも僕の好みに合っていた。また、チームには感謝をしなければならない。彼らの努力はほぼ完璧なレースができた第1ヒートで示された通りだ。第2ヒートはもっとやれると思っていたけど、2位でも満足しているよ。これから僕らはリーロップに向かうが、このサーキットが大好きなんだ。そして、その後はホームグランプリだ。選手権をできるだけ上位で終えられるようにがんばるよ!」

■大会名称:2010モトクロス世界選手権第13戦ブラジルGP
■カテゴリ:MX1
■開催日:2010年8月22日(日)
■開催地:カネリナ
■周回数:第1ヒート=18周、第2ヒート=18周
■天候:晴れ
■観客数:21,500人

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る