【WMX】第10戦(07.04) ボブリシェフが5位/4位

曇り空の下で開催された、FIMモトクロス世界選手権全15戦の第10戦スウェーデンGP。MX1クラスではアントニオ・カイローリ(KTM)がウィナーとなり、一方のMX2クラスではスティーブン・フロサール(カワサキ)が総合優勝を果たした。Honda勢の中で最も輝いていたのは、またしてもエフゲニー・ボブリシェフ(CAS Honda Team)。このロシア生まれのMX1ルーキーは、CRF450Rを駆り、2戦連続で総合4位に入賞した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る