【WMX】第10戦(07.04) ボブリシェフが5位/4位

曇り空の下で開催された、FIMモトクロス世界選手権全15戦の第10戦スウェーデンGP。MX1クラスではアントニオ・カイローリ(KTM)がウィナーとなり、一方のMX2クラスではスティーブン・フロサール(カワサキ)が総合優勝を果たした。Honda勢の中で最も輝いていたのは、またしてもエフゲニー・ボブリシェフ(CAS Honda Team)。このロシア生まれのMX1ルーキーは、CRF450Rを駆り、2戦連続で総合4位に入賞した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る