手島雄介が急遽Moto2参戦!

なんと、 TSRの 藤井正和監督から
ビッグニュースが届きました!

今週末のロードレース世界選手権Moto2クラスに
TSR製のMoto2マシン、 motobi(TSR6)を駆り、
手島雄介(てしま・ゆうすけ)選手が
急遽参戦することに! チームはJiR。

手島選手といえば、先日の合同テストで走っていたのでは?
と思われる方もいらっしゃるようですが、実はMoto2マシンの
テストのため、8耐のテストは6/30のみ参加し、7/1には
TSRの藤井監督、スタッフとともにヨーロッパへと旅立ちました。

どうやら空港についた途端、急遽、出場を告げられたようで、
手島選手としては思わぬところでビッグチャンスが巡ってきたと
いうことになります。

写真は昨年のMFJ-GPにテスト参戦したMoto2マシン、
TSR6を駆る手島選手! 非常にポテンシャルが高いマシンだけに
開発を担当してきた手島選手が乗れば、いきなり優勝!?という
期待も高まります。

手島選手にはヨーロッパでいい成績を残して、
自信を付けて、鈴鹿8耐に戻って来て欲しいものです。

既報の通り、鈴鹿8耐では「TEAM PLUS ONE」で 岩田悟(いわた・さとる)選手とペアを組んで戦います。

【手島雄介選手の主なキャリア】
埼玉県出身、27歳
2002年 全日本ST600にデビュー
2005年 TSRに移籍。鈴鹿8耐にも初出場、総合4位(クラス優勝)
2007年 鈴鹿8耐で伊藤真一とのペアで3位表彰台
2009年 全日本ST600で自身初の全日本チャンピオンに輝く

TSRのMoto2マシン、TSR6の開発ライダーも務めるほか、
ポケバイスクールも主宰し、未来のライダー育成にも積極的に
活動中。

【関連リンク】
手島雄介 オフィシャルウェブサイト
http://www.herointerview.jp/yusuke/

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る