Piaggio Group Japan、「アプリリア RSV4R」のリコール

リコール届出日:平成22年6月18日

【不具合の内容】
原動機のコネクティングロッドにおいて、製造時の歪み矯正処理が不適切なため、当該コネクティングロッドに歪みが残留しているものがある。そのため、使用過程においてコネクティングロッドが破損し、原動機が停止して走行不能になるおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、良品のコネクティングロッドの組み込まれた原動機一式と交換する。

【対象車両】
車名 型式 通称名 リコール対象車の車体番号の範囲及び製作期間
アプリリア ZD4RK RSV4 R ZD4RKA0149S000119〜ZD4RKA0159S000128 平成21年11月2日〜平成21年11月12日

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る