[YAMAHA] WMX Rd.9 ラトビア MX1決勝 フィリッパーツが総合6位!

「ヤマハ・モンスターエナジー・モトクロス・チームの」デビッド・フィリッパーツが5位/6位で総合6位に入った。前回のドイツGPで優勝した「ヤマハ・モンスターエナジー・リッチ・モトクロス・チーム」のケン・デディッカーは土曜の予選で腰を痛めて苦戦、両ヒート10位/14位で総合12位となった。

ケグムスのコースは、変化に富んだ地形、硬い地層の上にのる柔らかい土、細かいパウダー状の表面などがミックスされ、ライダーにとって体力的に厳しいところ。先週は風邪で体調不良だったフィリッパーツは、この大会前に回復。第1ヒートではA・カイローリ(KTM)と激しい4位争いの末5位、第2ヒートでは、X・ブー(カワサキ)に大きく遅れたものの6位でゴールした。デディッカーは第1ヒート、オープニングラップの1コーナーでスリップし最後尾まで後退。しかしそこから怒涛の追い上げを見せ、10位でゴール。第2ヒートではスタートで出遅れ、また痛めた腰の影響で苦戦し14位に終わった。

ランキングは現在、カイローリ(KTM)がリードし、61ポイント差の2位にC・ドゥサル(スズキ)、86ポイント差の3位にフィリッパーツがつけている。デディッカーは3位から29ポイント差の6位。

D・フィリッパーツ選手談(5位/6位:総合6位)
「コースが好きになれなかった。ジャンプでの踏み切りと着地は、ソフトな路面が多くてリズムに乗れなかった。そんな状況の中で5位、6位は悪くない結果だと思う。散々だった昨年に比べると今回は乗れていたし全体的には満足できるもの。次のスウェーデンGPは僕にとって相性のいいコースだし、今回よりもさらに攻める走りが出来ると思う」

K・デディッカー選手談(10位/14位:12位)
「昨日の予選でジャンプに失敗し腰を痛めた。第1ヒートではその影響はあまり出なかったが、序盤にミスしてフロントを滑らせてしまった。第2ヒートでは、腰の打撲の影響が出て痛みがひどく辛いレースとなった」

開催日:2010年6月27日(日)
■開催地:ケグムス
■周回数:第1ヒート=20周、第2ヒート=20周
■天候:晴れ
■観客数:17,000人

第1ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 C・ドゥサル Suzuki 38`54.633
2 E・ボブリシェブ Honda 0`12.451
3 S・ラモン Suzuki 0`24.131
4 A・カイローリ KTM 0`33.514
5 D・フィリッパーツ Yamaha 0`39.071
6 X・ブー Kawasaki 0`44.621
10 K・デディッカー Yamaha 0`54.965

第2ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 A・カイローリ KTM 39`44.581
2 C・ドゥサル Suzuki 0`13.410
3 S・ラモン Suzuki 0`25.118
4 E・ボブリシェブ Honda 0`32.040
5 X・ブー Kawasaki 0`37.404
6 D・フィリッパーツYamaha 0`41.379
14 K・デディッカー Yamaha 2`08.195

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る