[YAMAHA] WSB Rd.8 サンマリノ決勝 クラッチロー、第2レースは最速タイムを記録する健闘で4位

「ヤマハ・ステリルガルダ・ワールドスーパーバイク・チーム」からYZF-R1を駆り参戦するカル・クラッチローは予選4番手から発進。第1レースは転倒に終わったが、第2レースではファステストラップを記録する力走で4位となった。チームメイトのジェームス・トーズランドは予選13番手発進、第1レースは10位、第2レースは転倒リタイアに終わった。

好天のミサノで迎えた第8戦。路面温度が高くグリップ力が急激に下がり、ライダーにとって厳しいレースとなった。クラッチローは第1レース、上位グループを追うなかで転倒に終わったが、第2レースで4位を獲得した。9番手から着実にポジションを上げてきたクラッチローは、19周目にM・ファブリツィオ(ドゥカティ)をとらえて3位に浮上。そのまま3周そのポジションを守ったが、ラスト2周で抜き返されて4位でゴールした。

C・クラッチロー選手談(リタイア/4位)
「第1レースはつまらないミスだった。燃料がまだいっぱいだったのに、前を追っていこうとしてプッシュしすぎて、フロントを滑らせてしまった。第2レースのスタートは、まずまず。最終的にファブリツィオを抑えきれなかったが、今日の暑くてグリップが悪い路面状況のなか、このペースで走れたことは成果だと思う」

J・トーズランド選手談(10位/リタイア)
「今回もまた厳しい戦いになってしまった。タイヤがしっかりグリップしている間はペースよく走れるけれど、グリップが落ちてくると、コーナー立ち上がりで他選手に差が出てしまう。その分をハードなブレーキングで取り返さなければならず、これが第2レース転倒の原因となってしまった」

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第8戦サンマリノ大会
■開催日:2010年6月27日(日)
■開催地:イタリア/ミサノ(1周:4.905km)(1周4.060km)
■レース距離:974.40km(24周)×2
■天候:晴れ
■PP:T・コルサー(BMW/1分35秒001)
■FL:クラッチロー(ヤマハ/1分36秒546)

第1レース結果
順位 選手 マシン タイム
1 M・ビアッジ Aprilia 38`59.319
2 C・チェカ Ducati 0`00.387
3 T・コルサー BMW 0`00.822
4 M・ファブリツィオDucati 0`04.911
5 S・ギュントーリ Suzuki 0`05.916
6 L・キャミア Aprilia 0`08.658
10 J・トーズランド Yamaha 0`18.458
R C・クラッチローYamaha

第2レース結果
順位 選手 マシン タイム
1 M・ビアッジ Aprilia 38`58.149
2 L・ハスラム Suzuki 0`04.095
3 M・ファブリツィオDucati 0`04.631
4 C・クラッチロー Yamaha 0`05.014
5 C・チェカ Ducati 0`06.256
6 S・ギュントーリ Suzuki 0`07.677
R J・トーズランド Yamaha

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る