BSB第5戦、清成がダブルウィン

清成龍一がマロリーパークで開催されたBSB第5戦で2連続ポールトゥフィニッシュを達成した。

決勝レース1はスタートで出遅れたものの、レース中盤にはトップを奪還。そのまま、後続に競り勝ち、今季2勝目。決勝レース2でもスタートでトップを譲ったが、すぐにトップを奪還すると徐々にリードを広げる展開に。最終的には2位に入ったチームメイトのジョッシュ・ブルックスに3秒以上の差をつけての優勝だった。

このダブルウィンで清成は、ポイントランキングでも8位から4位に急浮上している。

予選11番手からスタートした加賀山は決勝レース1でハイサイド。この転倒の影響で決勝レース2は棄権した。加賀山はメディカルセンターに行くほどでは無かったが、身体に少し痛みがあるのと、マシンの破損具合から万全な体制でレース2に出場できないことから、レース2を棄権した。加賀山は明日、イギリスの自宅に戻ってから、念のための検査を受ける。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る