BSB第5戦、清成がダブルウィン

清成龍一がマロリーパークで開催されたBSB第5戦で2連続ポールトゥフィニッシュを達成した。

決勝レース1はスタートで出遅れたものの、レース中盤にはトップを奪還。そのまま、後続に競り勝ち、今季2勝目。決勝レース2でもスタートでトップを譲ったが、すぐにトップを奪還すると徐々にリードを広げる展開に。最終的には2位に入ったチームメイトのジョッシュ・ブルックスに3秒以上の差をつけての優勝だった。

このダブルウィンで清成は、ポイントランキングでも8位から4位に急浮上している。

予選11番手からスタートした加賀山は決勝レース1でハイサイド。この転倒の影響で決勝レース2は棄権した。加賀山はメディカルセンターに行くほどでは無かったが、身体に少し痛みがあるのと、マシンの破損具合から万全な体制でレース2に出場できないことから、レース2を棄権した。加賀山は明日、イギリスの自宅に戻ってから、念のための検査を受ける。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る