[YAMAHA] WMX Rd.7 フランスGP MX1決勝 フィリッパーツ、今季初の総合優勝!

「ヤマハ・モンスターエナジー・モトクロスチーム」からYZ450FMを駆り出場のデビット・フィリッパーツは、第1ヒート3位、第2ヒート1位で2009年のイギリスGP以来となる総合優勝を飾った。「ヤマハ・モンスターエナジー・リッチ・モトクロス・チーム」のK・デディッカーは両ヒートをそれぞれ9位と6位で終え総合7位だった。

決勝前日は暑さと湿気が多く、雷も鳴る天候で、決勝日の朝も降水がありコースは非常に滑りやすい状況となった。決勝第1ヒート、YZ450FMのセッティングを詰めたフィリッパーツはレース中の最速ラップを叩き出す果敢な走りを見せ、C・ドゥサル(スズキ)と激しく順位を入れ替える3番手争いを展開。デッドヒートの末、ドゥサルを抑えて3位でゴールした。第2ヒートも2人はバトルを展開、今度はトップ争奪戦となるが、またもフィリッパーツはドゥサルを抑えきりトップでゴール。ランキングポイントでは3位に浮上した。

D・フィリッパーツ選手談(3位/1位:総合優勝)
「すごくうれしい。今日は両ヒートとも良い走りができた。第1ヒートではドゥサルと6〜7回にわたり、抜きつ抜かれつの繰り返しとなる素晴らしいレースだった。第2ヒートでは、序盤から彼を抜いて前に出ることが出来た。第2ヒートの前に、コースの一部が整えられジャンプしやすくなったこともあり、リズム良く速く走れた」

K・デディッカー選手談(9位/6位:総合7位)
「今日のレースは難しかった。特にスタートは満足できるものではなかった。第2ヒートでは、第1ヒートよりは乗れていたけど、追い抜きを仕掛けるにはかなりリスキーで、前を走るライダーのミスを待つ走りとなってしまった」

■開催日:2010年6月6日(日)
■開催地:サン・ジャン・ダンジェリ
■周回数:第1ヒート=18周、第2ヒート=19周
■天候:雨のち時々晴れ
■観客数:30,000人

第1ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 A・カイローリ KTM 39`59.341
2 S・ラモン Suzuki 0`02.549
3 D・フィリッパーツ Yamaha 0`06.551
4 C・ドゥサル Suzuki 0`15.685
5 D・グアルネリ Honda 0`53.066
6 T・レオク Honda 0`56.103
9 K・デディッカー Yamaha 1`25.207

第2ヒート決勝結果
順位 ライダー マシン タイム
1 D・フィリッパーツ Yamaha 39`31.903
2 C・ドゥサル Suzuki 0`03.013
3 A・カイローリ KTM 0`07.221
4 A・ボワシエール TM 0`11.087
5 S・ラモン Suzuki 0`13.044
6 K・デディッカー Yamaha 0`17.029

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る