カワサキ、「ZRX1200 DAEG」のリコール

リコール届出日:平成22年3月17日
リコール開始日:平成22年3月18日

【不具合の部位(部品名)】

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は 性能の状況及びその原因】
原動機出力軸のスプロケット取付部において、ドライブチェーンのガイドプレートが組み付けられていないものがある。そのため、ドライブチェーンの遊びが大きくなった状態で急激な加減速を繰り返した場合、ドライブチェーンがミッションカバーと干渉して当該カバーが損傷し、最悪の場合、エンジンオイルが漏れ出して後輪タイヤにかかり、転倒に至るおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、ガイドプレートの有無を点検し、ガイドプレートを組み付けるとともに、ミッションカバーがドライブチェーンとの干渉により損傷している場合は関連部品を交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプの車台番号打刻位置付近にNo. 2491のステッカーを貼付する。

【リコール対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
EBL-ZRT20D ZRX1200 DAEG ZRT20D-005004〜ZRT20D-005072 平成22年2月16日〜平成22年2月26日 47台

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る