【MotoGP】青山ch セパンテスト後編

2日目の走行となる2月5日は、コースインのグリーンシグナルが点灯する午前9時に雨が降り始めた。雨はすぐに上がったものの、サーキット周辺は雲に覆われて路面はなかなか乾かず、昼近くになってようやくドライアウトする状況だった。さらに、夕刻の5時からふたたび激しいスコールが降り始め、これを潮時にほとんどの選手がテストを終了。56周を走り込んだ青山も、激しい雨中での走行は見合わせて走行を切り上げることになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. あらゆる状況下での最適なグリップ力を発揮 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フラ…
  2. 2018年2月3日に、愛知県のスパ西浦でテスト走行を開始したトリックスターレーシングのNin…
  3. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
  4. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
ページ上部へ戻る