【MotoGP】青山ch セパンテスト後編

2日目の走行となる2月5日は、コースインのグリーンシグナルが点灯する午前9時に雨が降り始めた。雨はすぐに上がったものの、サーキット周辺は雲に覆われて路面はなかなか乾かず、昼近くになってようやくドライアウトする状況だった。さらに、夕刻の5時からふたたび激しいスコールが降り始め、これを潮時にほとんどの選手がテストを終了。56周を走り込んだ青山も、激しい雨中での走行は見合わせて走行を切り上げることになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る