【MotoGP】山野監督 現場レポート

いよいよ2010年シーズンが始まった。第1回目のプレシーズンテストは、2月3日から三日間、初日はメーカーのテストライダーのみ、2日目と3日目に選手の走行、というスケジュールのもと、南国マレーシアのセパンサーキットで行われた。Honda陣営の各チームは、それぞれに掲げた目標を達成すべく精力的な走行を重ね、最初の第一歩を踏み出した。2010年仕様のHonda RC212V、そして新体制で臨むレプソル・ホンダ・チームの陣容について、今季からHRC総監督という立場で指揮を執る山野一彦が、テストの成果と王座奪還を目指す今季への思いを語る。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る