【MotoGP】山野監督 現場レポート

いよいよ2010年シーズンが始まった。第1回目のプレシーズンテストは、2月3日から三日間、初日はメーカーのテストライダーのみ、2日目と3日目に選手の走行、というスケジュールのもと、南国マレーシアのセパンサーキットで行われた。Honda陣営の各チームは、それぞれに掲げた目標を達成すべく精力的な走行を重ね、最初の第一歩を踏み出した。2010年仕様のHonda RC212V、そして新体制で臨むレプソル・ホンダ・チームの陣容について、今季からHRC総監督という立場で指揮を執る山野一彦が、テストの成果と王座奪還を目指す今季への思いを語る。

関連記事

編集部おすすめ

  1. あらゆる状況下での最適なグリップ力を発揮 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フラ…
  2. 2018年2月3日に、愛知県のスパ西浦でテスト走行を開始したトリックスターレーシングのNin…
  3. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
  4. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
ページ上部へ戻る