【MotoGP】山野監督 現場レポート

いよいよ2010年シーズンが始まった。第1回目のプレシーズンテストは、2月3日から三日間、初日はメーカーのテストライダーのみ、2日目と3日目に選手の走行、というスケジュールのもと、南国マレーシアのセパンサーキットで行われた。Honda陣営の各チームは、それぞれに掲げた目標を達成すべく精力的な走行を重ね、最初の第一歩を踏み出した。2010年仕様のHonda RC212V、そして新体制で臨むレプソル・ホンダ・チームの陣容について、今季からHRC総監督という立場で指揮を執る山野一彦が、テストの成果と王座奪還を目指す今季への思いを語る。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る