【MotoGP】山野監督 現場レポート

いよいよ2010年シーズンが始まった。第1回目のプレシーズンテストは、2月3日から三日間、初日はメーカーのテストライダーのみ、2日目と3日目に選手の走行、というスケジュールのもと、南国マレーシアのセパンサーキットで行われた。Honda陣営の各チームは、それぞれに掲げた目標を達成すべく精力的な走行を重ね、最初の第一歩を踏み出した。2010年仕様のHonda RC212V、そして新体制で臨むレプソル・ホンダ・チームの陣容について、今季からHRC総監督という立場で指揮を執る山野一彦が、テストの成果と王座奪還を目指す今季への思いを語る。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る