二輪車補修用部品のアスベスト飛散濃度測定結果及び対象補修用部品の回収・交換実施のお知らせ

ヤマハ発動機株式会社は、平成21年12月25日、台湾で製造する補修用部品の一部に、労働安全衛生法令で定める基準(重量の1%)を超えてアスベストを含有するブレーキパッド、ブレーキシューが、弊社商流にて日本国内に平成16年10月以降も輸入、販売されていたことをお知らせしましたが、このほど、当該補修用部品の空気中への「アスベスト飛散濃度測定結果」が判明しましたのでお知らせいたします。また、販売済みの当該補修用部品については、車両回収のうえ、非アスベスト補修用部品への交換を実施してまいります。

1. 対象補修用部品
部品名 数量
ブレーキパッド(3UH-W0045-01) 輸入販売数量 981セット
ブレーキシュー(20A-W2534-10) 輸入販売数量 24セット

2. 当該補修用部品の「アスベスト飛散濃度測定結果」
大気汚染防止法の規制基準では、アスベスト繊維の飛散濃度(繊維の本数)が大気1リットルにつき、10本以下であることと定めています。専門の測定機関が当該補修用部品を測定した結果、浮遊するアスベスト繊維の本数が大気1リットル中1本未満であることを確認いたしました。この数値は、一般大気環境中のアスベスト濃度(0〜1本)と同等のものです。以上のことから、製品使用による健康への影響は、極めて少ないものと考えます。

3. 当該補修用部品の回収・交換について
平成22年1月29日(金)より、下記の対応を実施してまいります。
(1)ブレーキパッド(3UH-W0045-01)
当該補修用部品の回収・交換(サービスキャンペーン:国交省通知済)として、対象機種であるシグナス125SV(XC125SV)にお乗りのお客さまへダイレクトメールなどでご案内を進めてまいります。
(対象台数:3,510台 車体番号:SE07J-000101〜003624)
(2)ブレーキシュー(20A-W2534-10)
弊社の自主的な補修用部品の回収・交換として、ご購入のお客さまへご案内を進めてまいります。

4. お客さまからの問い合わせ先
ヤマハ発動機販売(株)お客さまコールセンター
TEL 0120-783-730 (フリーダイヤル)
受付時間 月曜日から金曜日 (祝日、弊社所定の休日などを除く)
午前10時から午後12時30分、午後1時30分から午後6時まで

当該補修用部品をご使用のお客さまには、大変なご心配、ならびにご迷惑をお掛けいたしますことをあらためてお詫び申し上げます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
  2. 総合1位は「東京ディズニーランド」 ナビタイムジャパンは、『2018ナビタイム スポット検…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  4. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
ページ上部へ戻る