【MotoGP】青山博一テストレポート

250ccクラスで世界チャンピオンに輝き、念願の最高峰クラスMotoGPにチャレンジを開始した青山博一の走行テストが、昨年12月下旬、マレーシア・セパンサーキットで行われた。最終戦バレンシアGP後に行われたバレンシアテストに続き、これが2回目のMotoGPテストとなった。バレンシアテストでは、青山が所属していた「Scott Racing Team」からMotoGPクラスに参戦していたガボール・タルマクシのHonda RC212Vを使用した。今回もマシンは同じだが、2010年シーズン、青山が所属する新チーム「インテルウイッテン・ホンダ」の事実上のスタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
  2. 総合1位は「東京ディズニーランド」 ナビタイムジャパンは、『2018ナビタイム スポット検…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  4. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
ページ上部へ戻る