【MotoGP】青山博一テストレポート

250ccクラスで世界チャンピオンに輝き、念願の最高峰クラスMotoGPにチャレンジを開始した青山博一の走行テストが、昨年12月下旬、マレーシア・セパンサーキットで行われた。最終戦バレンシアGP後に行われたバレンシアテストに続き、これが2回目のMotoGPテストとなった。バレンシアテストでは、青山が所属していた「Scott Racing Team」からMotoGPクラスに参戦していたガボール・タルマクシのHonda RC212Vを使用した。今回もマシンは同じだが、2010年シーズン、青山が所属する新チーム「インテルウイッテン・ホンダ」の事実上のスタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る