ドゥカティゼロックスチーム 2010年SBKシーズンの新体制を発表

2010年1月7日 ボローニャ(イタリア)

ドゥカティは1月22日よりポルティマオで始まる2010年スーパーバイク選手権公式テストに先駆け、ドゥカティゼロックスチームの新体制を発表しました。

芳賀紀行、ミッシェル・ファブリッツィオ両選手は2010年モデルのドゥカティ・スーパーバイク 1198で今シーズンを戦います。
ドゥカティゼロックスチームの新しいチームオーガニゼーションは以下の通りです。

ドゥカティゼロックス・チームマネージャーにエルネスト・マリネッリが就任します。マリネッリのこれまでの職務の後任として、チームテクニカル・マネージャーとミッシェル・ファブリッツィオ選手のトラックエンジニアを兼任するのは2000年よりドゥカティでそのキャリアをスタートし、近年はモトGPの開発チームの責任者でもあるマルコ・ロジィがその職務に就きます。

日本人ライダーの芳賀選手には、4年間英国スーパーバイク選手権でGSE Racingのレースエンジニアとして活躍し、ボルゴ・パニガーレファクトリーに新しいトラックエンジニアとして戻ってきたルカ・フェラッチョ−リがチームにジョイントします。ルカと組む芳賀選手のエレクトロニクスエンジニアは、今シーズンモトGPチームよりスーパーバイクチームへ移動したマルコ・フリジェリオが務めます。そして芳賀サイド最後の新体制は、新しくタイヤテクニシャンとしてマッシモ・メネリンが任命されました。

最後にチームの“ニュールック”となるのは、アイルランド人で、イタリアで10年以上のキャリアをもつ、ウナ・コーンウェイがチームコーディネーターとホスピタリティアシスタントとしてチームに参加します。

ドゥカティゼロックスチームマネージャー エルネスト・マリネッリのコメント

「2010年は少し変化の年になりそうです。でも、私は楽観主義者でもあり、とても自信があります。チーム内では重要な再編成があったにもかかわらず、実際には新メンバーの多くはすでにドゥカティで働いた経験があります。マルコとルカは何年もドゥカティに勤めていて経験も技術力も豊富です。2010年はまた新しいチャレンジの年になるでしょう。私たちは、長年の間、非常に多くの問題に直面しましたが、そのほとんどのケースを勝利という結果に収めてきました。今年は、また新たなタイトルを獲得できるようにベストを尽くします。我々のライダー達は良いコンディションにあり、かつてない程にやる気に満ち溢れています。私達はみんなトラックに戻ることを待ち切れず、今からポルティマオでのテストを楽しみにしています。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る