【MotoGP】夢を背負ったマシンRS125Rの軌跡

市販ロードレーサーは、古くは市販車をベースにその性能を拡大したマシンとして、現代ではワークスマシンのレプリカとして、国内外でレースの隆盛を支え、多くのレーシングライダーを育んできた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ’17で全面熟成を遂げ、評判のCBR1000RRがナント「’19モデルで電撃フルチェンジを果…
  2. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  3. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  4. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
ページ上部へ戻る