スズキ、「ヴェクスター150」のリコール

リコール届出日:平成21年12月3日
リコール開始日:平成21年12月4日

【不具合の部位(部品名)】
燃料装置(燃料タンクキャップ)

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は 性能の状況及びその原因】
燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがある。そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、燃料タンクキャップを対策品と交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置 】
・使用者:ダイレクトメールまたは電話等で通知する。
・自動車分解整備事業者: 日整連の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)に�2438のステッカーを貼付する。

【リコール対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
スズキ BA-CG42A ヴェクスター150 CG42A-113061〜 CG42A-115220 平成19年6月1日〜平成19年8月31日 2,159台
本届出は、平成21年5月25日付け届出番号「2311」にてリコール届出を行なったものであるが、対象車の選定に一部誤りがあったため、対象車両を追加するものである。

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 往年のメグロ・SG250を彷彿させるスタイリングで’92年にデビューしたエストレヤ。最後を飾…
  2. ’17で全面熟成を遂げ、評判のCBR1000RRがナント「’19モデルで電撃フルチェンジを果…
  3. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  4. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
ページ上部へ戻る