【MotoGP】最終戦1日目(11.06) ペドロサが3番手

最終戦バレンシアGPのフリー走行は、ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)がトップタイムをマーク。ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が僅差で続き、5番手にランディ・デ・ピュニエ(LCR Honda MotoGP)、6番手にアレックス・デ・アンジェリス(Team San Carlo Honda Gresini)、8番手にアンドレア・ドヴィツィオーゾ(Repsol Honda Team)と、Honda勢の4選手がトップ10につけた。この日は、終日青空が広がるも、強い風が吹きつける難しいコンディションとなった。その風に選手たちは苦しめられることになったが、Honda勢の4選手は、順調にセットアップを進めた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る