【MotoGP】最後の王者を目指して~青山博一の挑戦(前編)

10月4日。第14戦ポルトガルGPの開催地エストリルサーキットは、強風が名物の当地に珍しく、穏やかな晴天に恵まれていた。午前11時15分にスタートする250ccクラスの決勝レースは、全26周で争われる。ランキング首位のスコット・レーシングチーム・250cc青山博一(埼玉県 27歳)はポールタイムから0.283秒差の予選4番手、フロントロー右端のグリッドについている。ポールポジションはヘクトール・バルベラ(スペイン 23歳)。ランキング2位で青山を追うアルバロ・バウティスタ(スペイン 24歳)が2番グリッド、同じくランキング3位のマルコ・シモンセリが3番グリッドにつけた。青山とバウティスタは13ポイント、シモンセリまでは40ポイントの差だ。2009年の250ccクラスのチャンピオン争いは、事実上、この3名に絞られている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る