【MotoGP】最後の王者を目指して~青山博一の挑戦(前編)

10月4日。第14戦ポルトガルGPの開催地エストリルサーキットは、強風が名物の当地に珍しく、穏やかな晴天に恵まれていた。午前11時15分にスタートする250ccクラスの決勝レースは、全26周で争われる。ランキング首位のスコット・レーシングチーム・250cc青山博一(埼玉県 27歳)はポールタイムから0.283秒差の予選4番手、フロントロー右端のグリッドについている。ポールポジションはヘクトール・バルベラ(スペイン 23歳)。ランキング2位で青山を追うアルバロ・バウティスタ(スペイン 24歳)が2番グリッド、同じくランキング3位のマルコ・シモンセリが3番グリッドにつけた。青山とバウティスタは13ポイント、シモンセリまでは40ポイントの差だ。2009年の250ccクラスのチャンピオン争いは、事実上、この3名に絞られている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る