第41回東京モーターショー 2009 事前情報!

社団法人日本自動車工業会(自工会、会長:青木哲)は、本年10 月23 日(金)から11 月4 日(水)の13 日間(一般公開は10 月24 日(土)から)、千葉市・幕張メッセにて「第41 回東京モーターショー2009」を開催する。

出品者は、10 カ国・1 地域から2 政府・2 団体・109 社が参加する予定。会場は、幕張メッセの西・中央・東ホール(54,000 m2)を使用し、展示面積は21,359 m2となる。

今回のショーテーマは「クルマを楽しむ、地球と楽しむ。」(英文:“Fun Driving for Us, Eco Driving for Earth”)。

環境と共生する中でクルマの楽しさを追及する「楽しさと環境(Fun & Eco)」の考え方をシンプルに表現し、クルマに乗る喜びも、環境に配慮することも、どちらも「楽しもう」とポジティブに捉え、「楽しさ」と「環境」の両立を強く訴えている。

また、最先端の製品や技術の情報を世界に向けて発信すると共に、様々な特別企画を通して一人でも多くの人にクルマファン・バイクファンになってもらうことを目指している。
ワールドプレミア(世界初の発表)が二輪車17 台、ジャパンプレミア(日本初の発表)が二輪車12 台が出品される予定。
■開催概要

日程:10月24日(土)から11月4日(水)まで(一般公開日)
時間:10時00分から18時00分(平日) 9時30分から19時00分(土・休日)
   ※時間は止むを得ない場合は変更し、時には入場を制限することがあります。
会場:千葉市 幕張メッセ
入場料:一般 1,300円(前売1,100円、平日15時以降(当日会場売)1,100円)
    高校生 600円(前売  500円、平日15時以降(当日会場売)500円)
    中学生以下 無料
    平日のみ15時以降入場料(当日会場売) 一般:1,100円 高校生:500円
    ※全て消費税込み

【二輪車試乗会について】

今回からの新規イベントとして、二輪車の最新モデル試乗会が実施される。
この試乗会は、普段乗っている二輪車との乗り比べを通じて、バイクやスクーターへの興味や購入欲を喚起することを目的としている。
コースは、会場西ホール南側屋外(敷地内)の特設コース(直進路・スラロームの1 周300 mのコースを2 周)とし、直進とスラローム走行を体験できる。なお、ビギナー及び女性ライダー向けの時間帯の設定される。

試乗車両は6 社(スズキ、ホンダ、ヤマハ、アディバ、キムコ、ハーレーダビッドソン)から25 台を予定。
参加方法は当日、カテゴリー別に試乗券を配布する先着方式となる。
実施期間は会期後半の10 月31 日(土)〜 11 月4 日(水)の5 日間で、延べ参加者数は最大で約1,250 人を予定。
また、同特設コースに隣接する西ホール西側屋外のスペースにて、電動アシスト自転車(ヤマハ)の試乗会を同時期に開催する。

■二輪車試乗会 開催概要

日程:2009 年10 月31 日(土)〜 11 月4 日(水) 5 日間
時間: 11:00 〜 17:00(雨天、荒天は中止)
場所: 西ホール南側屋外
コース: 幕張メッセ会場敷地内の特設コース
インストラクターの先導により、1 周約300m のコース(直進+ スラローム)を2 周(予定)。 ※コース図はこちら
試乗券:当日の午前10 時より試乗券を配布する先着方式による。
参加社:6 社(スズキ、ホンダ、ヤマハ、アディバ、キムコ、ハーレーダビッドソン) ※詳細な参加車両はこちら
試乗対象:一般来場者。但し、試乗車両に該当する運転免許保有者(持参)に限る。
延参加者:約1,250 人(最大時)
 →二輪車試乗会 コース図
 →参加車両リスト

【2009 東京モーターショー 特設サイト・参照リンク】
▼オフィシャルサイト
 東京モーターショー公式サイト
▼国内車両メーカー
 HONDA モーターショー2009 特設サイト
 YAMAHA モーターショー2009 特設サイト
 SUZUKI 出品概要
▼海外車両メーカー
 adiva japan(アディバジャパン)
 KYMCO JAPAN
▼タイヤメーカー
 ブリヂストン 出品概要
 住友ゴム(DUNLOP) 出品概要
▼専門情報サイト
 Car@nifty | 東京モーターショー2009
 Carview | 東京モーターショー2009
 レスポンス | 東京モーターショー 総合
 レスポンス | 東京モーターショー コンパニオン 特別編集
 goo 自動車&バイク | 東京モーターショー2009
 カーセンサーnet | 東京モーターショー2009

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る